乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ12号(2009) 漫画感想

今週は風邪をこじらせて、更新が非常に遅くなってしまいました。

・ONE PIECE
・トリコ
・バクマン。
・黒子のバスケ
・PSYREN-サイレン-
・魔人探偵脳噛ネウロ
・To LOVEる-とらぶる-


以上の7本です。


○ワンピース
獄卒獣みたいな生き物がワンピース世界にいておかしいってことはないはずなんですが、それでも何か違和感を感じるのは、賞金が何千万とかかっている賞金首でさえかなわず、それどころか3億かかるほどの大物でも苦戦するような生き物が今までろくに出てこなかったせいでしょうか。
海王類あたりは完全に野生で人の手に負えない感じだったんですが、こいつらは完全に人間社会に組み込まれてるんですよね……
こいつら使って外の海賊退治すればいいんじゃない?
……まあそんな疑問を生んだスフィンクスやらブルゴリやらミノタウルス相手も終わり、いよいよ大詰めのマゼラン署長以下全戦力との総力戦が始まりそうです。
余談1:ボン・クレー(本名ベンサム)が会いたいのはカマバッカ王国の女王ときましたか。確かにクロコダイルあたりよりはよっぽど会いたいでしょうね。そんな人がどんないわれのない罪の濡れ衣を着せられたのかは気になりますが。
余談2:バギー玉は私も覚えてませんでした。

○トリコ
「グルメケース」テイクアウト1000が6個も背負ってるバッグに入りそうもないんですがどこに持ってたんでしょうか?
空のときは畳めるとか萎ませるとかできる構造?
……なんてことはともかく。
グルメ細胞の概要が明らかになりました。
おそらくこの漫画に登場する超人レベルの身体能力の持ち主はほぼ全員がこの細胞の持ち主でしょう。リンにすら含まれているとなると、ないと捕獲レベル2桁の猛獣とまともに戦闘できないレベルのものかもしれません。
次郎あたりはないかもしれませんけどね。
しかしそれだったらGTロボも猛獣食ってけばいいのに……ああそうか、味覚は伝わっても食ったことそのものまでは伝達できないか流石に。

○バクマン
サイコーは昔の自作のキャラから探偵モノ。シュージンは自分の適性と好みから推理モノ。似たようなことやってるのに食い違ってますね。とりあえず夏休み中にシュージンのネームができれば何事もなく修復できるでしょうけど、そうならなかったらとことんこじれますね。こじれるどころかスッパリ終わっちゃうかも。
シュージンも見吉とケータイ小説かいてて得るものがあっただけにここで切れちゃうのは惜しいですが、エイジの見込み「小さい方は一人でも上ってくる」が現実になるということなのかもしれません。亜城木夢叶って主人公のペンネームとして微妙すぎるし、さ政策サイドとしてはいつか捨て去ること前提の名前だったのかも。

○黒子
黄瀬を撃破(私的には「完全」には見えませんでしたが)と同時に二人目のキセキの世代っぽい人が出てきました。
ポイントとしては『あまり大柄ではない』『じゃんけん連勝』『指がテーピングだらけ』……ちょっとこれだけでは何者だか分かりませんね。
テクニックとか、洞察力に優れた人なんでしょうか。

○サイレン
ジュナスの刃は斬ったり刺したりするのではなくて、破裂するバースト。
これの対処法は……ライズ(ストレングス)で肉体の耐久力を引き上げるか、自分中心・全方位に放出するようなバーストで相殺するか……どっちにしろ生半可な力では無理そうですが。
宣戦の儀に何故アゲハたちがいないのか。当然といえば当然の疑問が朧から出ましたが、この段階では誰にも分かりませんね。
そもそもなんでディスクの内容が変わってるかすら分かりませんし。ひょっとしたら変化する特性はオジキが未来空気吸ったせいでPSIに目覚めてて、その産物だったりするのかもしれない。
そして未来を変えようとするところにネメシスQ登場。本当にどういう基準で登場するんだコイツ。ドリフトの思念を読み取って、ドリフトが「他人に伝えよう」と思う以外に「ネメシスQの裏をかこう」と思っても出現するんでしょうか。

○ネウロ
XIの変身したネウロに凄い違和感。表情のせいか、それとも目のせいか。
ただの人間に即座に正体を見破られ、それをもって「シックスの足を引っ張る」を予言され、サイにだけ化けなかったことを指摘され、イレブンの精神は揺さぶられまくっております。ここまで見事に揺さぶられなかったら、弥子の記憶なんか探らずに即座に殺してたでしょうね。

○とらぶる
お静ちゃんは幽霊だった時期が長いせいで生理のことが脳内から(幽霊になった時点で脳はないですが)消えちゃってるんでしょうか。それとも来る前にお亡くなりになったのでしょうか。
……彼女の生前の時代には生理期間を「あの日」って呼ぶ習慣がなかった、というのが一番ありそうです。
ところで古手川のお母さん、兄とも妹ともキャラが似てませんね。ちょっと一家揃ってるシーンとか見てみたいです。兄が大学生だから一家揃っての団欒とかはやらなそうですが。
チョコ作りにあまり面白おかしいことはなかったですが、来週号では唯のツンデレが大爆発してくれるでしょうね。渡すこと考え始めた時点から目がパニくっちゃってるよ。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/494-4da3c3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ12号

・トリコ  おおよそ予想はできていたがグルメ細胞の存在が明らかになり……食物連鎖が下剋上込みの分かりやすい形に収まった。というか「種」の概念自体を捻じ曲げかねない方向性をもっているな。  そして最も恐ろしい方向性は「カニバリズム」である。いろいろ食べて...

  • 2009/02/22(日) 15:49:40 |
  • 360度の方針転換

トラブル136 「To LOVEる」唯のツンデレなバレンタインデー!エロは久々パンチラも無し…!

 冒頭から、リサミオがバレンタインデーについてあれこれ語ってますね…今年のバレンタインデーは土曜日でしたが、どうやら彩南高校は土...

  • 2009/02/22(日) 18:16:52 |
  • To LOVEる -とらぶる- 考察

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。