乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #13「DEADBODIES in LONDON③」感想

オールバターショートブレッドだとぅ!?
まさか博物誌でお菓子のレシピが出るとは思わなかった。
しかも続くの?


さて本編。
また出てきたピーベリー関連ワード“印付き”。
でも具体的な内容は今回もさっぱり分かりませんね。
ポーラールートと袂を分かったはずのブリッツ=ブルーダーからも蔑まれるような存在であるらしいですが……想像すらできない。
タイガーリリィ=コフィンは生前ピーベリーと縁があった、と。エルムのほかにさらに一人二人はいそうだなあそういうの。
リッパー=ホッパーがそうなのかは分かりませんけど。
切り裂きジャックの正体が機能特化型なら、ブリッツ=ブルーダー側の処遇次第では捜査の手が及ぶことはなくなってしまいます。
それこそリッパー=ホッパーをピーベリーが知っていて、その特徴をメアリがちゃんと証言できるとかいう流れにでもならない限りは。そしてその流れだとブリッツ=ブルーダーとの全面対決になりかねません。
しかしアシュヒト&エルムにしろ、ピーベリー&ヒューリーにしろ、創造主(アシュヒトは厳密には創造主じゃないけど)側が人造人間に隠し事をしまくるおかげで困ったことになりそうです。
具体的には、エルムの正体がシューリーにバレる確率上昇。スイーツ→ガブーとかいう心温まる仲にはもうなれないかもしれません。
マイク=ロフトもフレデリック=アバーラインも頑張ってるよ。しかしタイガーリリィのあの表情。人造人間関係者でもない人間が機能特化型の表情をあそこまで歪ませられるというのもある意味凄いですねアバーライン。そんなにキモかった?


FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/488-b498cad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。