乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー6号(2009) 漫画感想

今度は合併号だと勘違いしてのんびりしすぎました新年最初のサンデー感想です。

・結界師
・神のみぞ知るセカイ
・絶対可憐チルドレン
・魔王
・アーティストアクロ
・ダレン・シャン
感想書いたのは以上の6本ですよ。


○結界師
扇一郎討伐は七郎の動向含めてどう転ぶのやら。
このタイミングで氷浦が動くのも不気味です。
彼の背後は扇とは別と思っていたんですが、違うのかな?
影宮は戦闘班に未練ありまくりですね。この執着や未練が彼の判断を狂わすことにならないといいですが……

○神のみ
えーと……これは誰かの初夢ですか?
というか、桂馬がサイト更新してるところ見たことないな。
一応彼、発売日でも学校に行ってたような記憶があるんですが……もしかして、私が勝手に放課後とか休日に脳内変換してただけかっ!?
あるいはフライング販売している店を押さえてるとか。
家にいるならあの部屋で3本攻略と平行してパソコン立ち上げてサイト更新くらいはできる……そういえば神様は通常版と限定版を両方購入したりするから1本のタイトルの同時攻略とかできるんですねそういえば。
学校では、PFPでゲームやりながら携帯で更新?
PFP2台以上持ち歩いてるわけでもないみたいだし、PFPに仮にゲームやりながらサイト更新できる機能があったとしても桂馬はギャルゲーを中断してまでサイトの更新をやらないような気がします。
しかし落とし神のサイトの具体的な考え方や愛を語っているところがまるっきり見られないのが残念……出しちゃうと共感できない読者が多数出て説得力をなくしそうなのでしかたないですけどね。

○絶チル
薫だけリアクション変わっていってるわけですが、5年後くらいにはもう葵も紫穂も皆本に関しては醒めちゃってるのかなあ。
例の未来のビジョンで紫穂や葵が皆本と接触してるシーンが一つもないから判断のしようがないですが。
あ、朧さんに関しては是非槍手さんいい人見つけてあげてくださいね。
今のままだと本当に残念なことになりそうなので(笑)
というかテントウムシのサンバが賢木を差し置いて登場人物紹介の欄に!

○魔王
巨乳大好き。
流石にこんなこと見開きでいわれると犬養も顔色変えますね。
なんで潤也がこのフレーズを口にできたんでしょうかね。
潤也の能力で正解を引き当てたか、安藤(兄)が時限式腹話術でもかけていったとか、あるいは今の潤也には兄が乗り移ったりしているのか。

○アクロ
学芸員。今のところその仕事内容は謎ですが、なんとなく想像はつきますね。
……でもアーティストを返り討ちにできるって随分な自信。何かアーティスト対策法でもあるんですかね?
あってもモカには使いこなせそうにないですが。
アクロは当然として、スバルにも意識されてない……ドジっ子だったりヒステリーなタイプでは駄目ってことですか坊ちゃま!?
鍵盤通路は、こうも引っかかるということはモカは普段使っていないのでしょう。
もしかするとこの通路を実際通ったことは一度もなく、そうなるとモカは協会に素性を知られた上で泳がされていて偽情報などを教えられている、というような可能性もゼロではありません。
モカの助けたい人物というのは間違いなくデコの隣の部屋にいた人物でしょうが、何者なんでしょうね、彼。

○ダレン
ダリウスの父親がスティーブだったどころの話じゃないですね。
いやむしろスティーブのあれって血のなせる業なんじゃないかと。
そのスティーブともども死んで、タイニーの目論みは費えたわけですが、タイニー自体は健在。似たようなことを再び企まないとは思えませんが、それは『ダレン・シャン』
で語ることではないのかもしれませんね。

FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/468-6237f79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー6号:新連載はじめてのあく

・はじめてのあく  藤木俊先生が長い弾道飛行のすえ、ついにサンデーへ帰還。前作こわしや我聞よりも作風に向いたラブコメ分と萌え分が増量されているが、メインヒロインの狙いが格段に「狭く」なっているので相殺か。  狭いからこそ無乳チビメガネの京子も好きになる...

  • 2009/01/12(月) 21:12:00 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。