乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ6・7号(2009) 漫画感想

今年最初のジャンプ感想ですが、
・ONE PIECE
・SKET DANCE
・バクマン。
・黒子のバスケ
・To LOVEる-とらぶる-
以上の5本です。


○ワンピース
バギーは半分ぐらい成り行きでルフィに同行することになりました。
LEVEL2以上の場所で単独行動する気にはなれないでしょうしね。
バラバラの実は改めてみると結構便利ですね。
足は地についていなければならないといいつつルフィに持たせてますが、図の方についている注釈『足は飛ばない』の方が正確なのかもしれません。
斬撃なら不意打ちにも対応とか凄い……覇気持ち相手だとそうもいかないでしょうけど、触れなければ実の力自体は発揮できるとするなら自ら分離しての回避行動は有効なはずです。
攻撃面ではブルゴリすらどうにもならなかったりしますが。
LEVEL2にはMr.3ですか……これまた便利な能力者ですね。

○スケットダンス
新春初笑いはこれでした(初って時期でもないか)
GTロボって! 新妻エイジって!
戦闘民族といいエイジといい、振蔵ってやっぱり侍というよりはコスプレイヤーですよね。1ページ目のヒメコの発言どおりでした。
新春4コマ祭りにも抜擢されたのに哀れ振蔵…いや事実だし自業自得だけどさ。

○バクマン
ヒロインは亜豆モデルにしたら描けて解決。
設定も今回は随分とシンプルにまとまってきました。
「計算してるのが分からないように計算して描く」もできてはいるみたいです。
王道でも編集部の中で評価している人間は多いみたいですね。
ここからが大変なところなんですけどね。編集も今までほどハッキリしたアドバイスができない領域に入っていくわけですから。
ある意味ここからが本番ですね。
私の天使(仮)外に見える結果は出ませんでしたが、服部さんから出た課題はほぼ完璧にクリアーして見せました。服部さんがここまでマメにフォローするのも、実際この二人に力があるからです。芽が出そうにない漫画家志望、例えば今回勝手にアシやめた下山とかはその辺もできてなさそうな感じです。


○黒子のバスケ
アクシデント含みでインパクトを出すのはうまい。びっくりしたよもう。
黒子のディフェンスに関して、存在感ないのを利用してスティールとかやったら意外といけるんじゃないかとか思っていましたが、存在感のない人ならではのディフェンスは早速みせてくれましたね。
ただ何度もやってると存在感も出てきて自分の長所を殺しかねないので、そこをどう考えてるかですね。

○とらぶる
なんでリトはリコを別人ということにしておいてるんだろう。
猿山ならともかく、沙姫には隠してもメリットはないような気がしますけど……その場で怒られること以外には。
リト的には性転換自体が一種の黒歴史なんですかね。それはともかく。
また急な海外留学の話ですよね……背後事情も父親である劉我の人となりも分からんと話がどう転ぶのか悪い意味で読めません。
そういえば今センパイは3年生なわけで、卒業やその後の進路も視野に入っていないってことはあり得ないわけですが、その辺どうなってるんでしょうね?


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/466-3816b410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラブル131 天条院まさかの授乳?ララはまだおっぱいは出ないようです。

セリーヌがおっぱいを飲みたがっています。  いきなりララの授乳シーンがあったなら、正月には冬コミで大量に入手した「To LOVEる」エロ同人...

  • 2009/01/07(水) 05:33:10 |
  • To LOVEる -とらぶる- 考察

週刊少年ジャンプ6・7号

・BLEACH(ブリーチ)  一護がパワーアップした理由はグリムジョーと戦ったからでも織姫がいるからでも、下で戦っている仲間のためでもない!久しぶりの出番だからだッ!!  主人公さえも家長カナ化する作品のキャラクターサバイバルは地獄だぜ!ウルやんの無表情な戦い...

  • 2009/01/07(水) 21:50:47 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。