乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ52号 漫画感想

とうとう今年のジャンプも終わりですね。
今週の感想は
・ONE PIECE
・トリコ
・アイシールド21
・HUNTERHUNTER
・クソロボ(読切)
・To LOVEる-とらぶる-
以上の5本です。

○ワンピース
ルフィがボア・ハンコックにくっついてインペルダウンへ。
七武海・ジンベエが監獄(多分インペル・ダウン)に収容中。
さらに白ひげが動いて、エースの処刑を取り囲む事態が徐々に大きくなってます。
ここでエースに面会に来たガープは何する気なんでしょう。彼の行為でまた情勢が変わるかもしれません……単に顔見に来ただけだったりして。
しかし黄猿さんは腹いせに海賊500名捕縛って、何やってるんだあの人。
というか、その500名の中に、ルーキーがどれだけ含まれてるんでしょうね。
「一人もいない」から「麦わら一味以外は全員」までありえそう。
黄猿がホーキンス、ウルージ、ドレイク、アプーのいる現場に戻れば(そしてその前に彼らが離脱していなければ)あの4人にはまず逃げる術はないですし、パシフィスタと対決中のキッド、ロー(&キラー)も、パシフィスタの力関係に関わらず、黄猿が来ればまず勝ち目も逃げる目もないでしょう。ベッジやボニーも脱出前に遭遇すれば終わりですが、出航できていれば黄猿も追わない(というより、他の海賊捕縛に行く)でしょうね。
深手を負わされた4人もそれぞれ部下がいますし、船長連れてパシフィスタの攻撃をやりすごして逃亡できたといっても特に驚きはしませんね。
一方で、くまに飛ばされたナミやフランキーはそれぞれの特技や性質を伸ばせそうなところに飛んでました……やっぱりくまは麦わら海賊団員のパワーアップを期しているんでしょうかね。
でもなんでカマバッカ王国? ウケ狙いですか?

○トリコ
しかし凄いとこからビーム出すなGTロボは。
ビーム出すときだけテレイクジスタンス機能はオフされて、操作モードが変わったりするんでしょうか。人間にはビーム出す機能はないですから、同調で出すのは無理でしょうし……。
もしそれなら、ビームを出すとき常に(といってもまだこれで3回目だけど)動きを止めていたのにも納得がいきます。トリコがくちばし部分をこじ開ける(体毛で覆われてない上、そもそも瞬間的に開く機構を持っているので隙間はどうしてもあります。狙い目です)のではなくビームを出す瞬間をわざわざ狙うのにも。

○アイシールド21
ホーマーって、一応クリフォードでも名前知ってるレベルなんだ。
パンサーも大物になってきてますし、アメリカ、どんどん強敵感が出てきてます。
ただ、一番アメリカで強そうなのってラインなので、それが峨王、栗田と比べてどう出るかですよね。
選抜メンバー、現時点でまとめると
ランニングバック:セナ、大和
レシーバー:鷹、モン太、桜庭、鉄馬
ライン:栗田、峨王、番場、山伏、大田原、水町
クォーターバック:キッド、ヒル魔、(阿含)
タイトエンド:(赤羽)
ラインバッカー:進、筧
コーナーバック:一休
セーフティ:陸、マルコ
キッカー:コータロー、武蔵
関東の方で(関西の方がどうなってるかは不明なので考えません)挙げられていない有力メンバーは、雲水、高見、鬼兵、バッファロー牛島、如月、スフィンクスのラインで2番目に目立ってた人くらいでしょうか。ウルブズの人とか岩重ガンジョーとかSIC四天王とかは流石に無理として。
泥門では瀧、小結くらいがありえるかという程度。
特に赤羽が本当にキックチームに専念するなら他に目立ったタイトエンドがいませんから、瀧が出張ってくるかもしれません……でも瀧ぐらいなら関西にもっといい人いそうですけれどね。
トライアウトでどこまで引っかかるかな。

○ハンター
王の言うことは、ある種の理想論。しかしヒトはその理想に沿っては生きられないものではある。
現実の全てを知り得ないからこそ言えることでもある。
そんな中で、ネテロ会長の先制攻撃を受けてどう転ぶか。怒り狂ったりするのかなやっぱり。そうしかねないくらいに王は純粋ではあります。
モラウの限界は意外。これだったらキセルなくさなくても新しい兵士なんて出せなかったんじゃないでしょうか。それとも、キセルがないと維持にすらオーラを大量に食うようになるとか、キセルがあると形を維持できなくなった煙からオーラを回収できたりするみたいな仕組みがあったりするんでしょうかね。

○クソロボ
あの大江慎一郎先生の読みきりですが、ポセイドン学園のときと比べて話もネタも普通の読切ギャグと遜色ないくらいに面白くなってますね。
あれだけ読切描いて、連載もして進歩なかったのでもうこの人は変わるの無理かとも思ったんですが。
といってもコレより面白いのかける新人なんていくらでもいるはず(いるよね?)ですけど。


○とらぶる
何だこの植物。なんでこんなに分かりやすく変態なんですか。
一体彼らにとって「獲物」とは何をするものなんだろう。なんてことを考えちゃダメですか?
そしてモモのブラックモードは一体何ができるんでしょうね。単なる迫力で引き下がるほど潔い植物には見えませんし。
しかし今更ですが、危険地域に行くのにロクな装備してませんねリト達。
宇宙人の4人は自分の能力を過信していたんでしょうね。モモは現段階では分かりませんがナナも身体能力は高い&体術の心得はあるみたいですから。



FC2 Blog Ranking


テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/443-32db8e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ポセイドン】についてブログの検索結果をまとめると…

ポセイドン についてブログの検索結果をまとめると…

  • 2008/11/25(火) 19:04:18 |
  • 最新キーワードチェック!

週刊少年ジャンプ52号

・BLEACH(ブリーチ)  わりと二線級の戦いなのにおもしろいことを始めてくれちゃって……二線級の人材だからこそ複合的な能力を磨く余地があるのかもしれない。強い連中は普通に強ければいいのだ。まぁ、それなら互いに相手の一線級の人材をはめて倒すくらいしてほしい...

  • 2008/11/25(火) 19:38:28 |
  • 360度の方針転換

トラブル126 ララ全裸!ヤミ触手攻め!ナナくすぐり攻め!モモ黒化!To LOVEるなピンチ!

前回のあらすじ:巨大植物セリーヌを救うため、惑星ミストアへ向かったララたち…危険度Sランクは伊達ではありません。高所から落下させ...

  • 2008/11/26(水) 06:19:50 |
  • To LOVEる -とらぶる- 考察

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。