乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『テニスの王子様』新シリーズ連載開始に伴う不安

なんでもジャンプSQで、4月号(来年3/4発売)からテニプリの新シリーズが連載されることになったらしいです。

今までの『テニプリ』は序章に過ぎなかった!!

……まあ事前のキャッチコピーはキャッチコピーと受け取っておくとして、一抹の不安があります。
特に全国大会編突入以降、インターネット上でよく言われる『テニプリ=ギャグマンガ』みたいな話を真に受けてやしないかってことです。
いや、もちろん本気で言っている人たちもいるんでしょうけど。
許斐先生や編集部が妙にその辺の層を気にしてたらどうしようと。
テニプリは今の(連載中の)バランスが絶妙だったと思うんで、下手に路線変更されると面白くなくなってしまうんじゃないかという不安があるんですよ。
いわゆるルール・物理法則逸脱系の技を排してリアル傾向(あくまで「傾向」)を強くするというならまだ分かるんですけど、あからさまな(素人でも違反だと断定してしまえる上、実際にも違反なもの)ルール違反の横行が当たり前になったりすると面白くなくなるなあ、と。
例えば全国準決勝S2、河村対石田銀ですが、弐拾参式波動球でスタンドの最上段に打ち上げられた河村が亜久津に受け止められるシーンがあり、その回はそこで終わりなのですが、そこまで読んだ読者の次回予想で、「亜久津が河村に代わってコートに立つ」というものが数多くありました。
しかしルール上、試合の途中で選手交代、それも違う学校の生徒との交代がルール上アリかといえば、ありませんね常識で考えて。
覆面テニスを認めた渡辺オサム(四天宝寺監督)だってそれは黙っていないでしょう。
カツラや覆面と違って、試合が明らかに有利になる要素ですもん。
亜久津交代を本気で言っていた人たちがどれだけいるのかは分かりかねますが、そこまで無茶なことを読者に想像させる余地はありつつ、実際そんな無茶はしないのがテニプリのバランスなんです。
(ちなみに、審判台を踏み台にするのはルール違反ですが、テニス未経験者の「常識」ではこれを反則だと断定するのは不可能であると私は思います)
そのバランスが破壊されてたら嫌だなあとか思うわけです。

『放課後の王子様』の方は、あえて言及するものはないかなと。
佐倉ケンイチ先生にはオリジナルものを描いて欲しいところ……でもドラゴンドライブも、厳密な意味ではオリジナルではないのかな。


FC2 Blog Ranking

テーマ:テニスの王子様 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/434-a9f9e449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。