乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー49号 漫画感想

今週は絶チルが休載です。

感想を書いたのは
・神のみぞ知るセカイ
・アラタカンガタリ~革神語~
・アーティストアクロ
・金剛番長
・お茶にごす。
・魔王 JUVENILE REMIX
・呪法解禁!! ハイド&クローサー
以上の7本です。


○神のみ
ギャルゲーにおける「攻略対象外」というのはどういうことなのか、考えてみたことがあります。
その時は「縁がない」とか「何やってもくっつく運命にない」ということなんだろうなという結論を出しました。
にしても、桂馬はちょっと懐狭すぎやしないかな。
スタート時点で主人公眼中になし、他の男が好きなんてゲーム、それこそいっぱいあると思うんですけどね。確か他に恋人がいるのが初期状態なんてのもあったはず。それでも会社が燃えたなんて話は聞かない。せいぜいゲームディスクを叩き割って会社に送りつけた人がいるくらいですよね。
……というか、ちひろの態度が多少なりとも気になってないわけでないあたり、神様も現世への執着が捨て切れてないんでしょう。ホントに俗世と切れてるならああまで悪し様に言わないよ。まあことあるごとにああいう扱いされて、積極的に関わりたがる人の方が珍しいですけど。それも恋愛の真似事。
いっそ駆け魂が成長して超常現象の一つ二つ起きてみるのを待ってみてはいかがでしょう? (神様から見た)個性とか情報とかの糸口になるかも。

○アラタカンガタリ
アラタと革は異世界にいながら交信可能、と。
ここまでで大体この漫画の初期設定が揃った段階でしょうか。
あとはこの場がどう納まるか。そこまでがこの漫画の序章ですね。

○アクロ
ああそうか、スバル的にはデコを助けに行くアクロって不思議か。
私はアクロがデコを助けに行くのを拒否するどころか、不満を表明したりすることすら想定してなかった。それだけアクロという主人公のキャラが立っている、ってことでしょうか。
もしかして、今までアクロが『粘土細工師』を頻繁に使っていないことすら今回の展開の伏線だったりするんでしょうか。
あと『引力を知らないリンゴ』のネーミングは好き。惚れた。
これに限らず、この漫画の芸術品の題には惹かれるものがありますね。

○金剛番長
えぇー、金剛復活しちゃうの!?
復活というよりは、「そもそも死んでなかった」というオチですが。
一日心臓が止まってたら脳とかえらいことになるそうですが……ああ、知ったことじゃないんですかそうですか。
心肺停止=死亡と判断したマシン番長の生命観にまた何か波紋を投げかける気か……って、心肺停止しても息を吹き返すことと死の定義の問題はまた話が別ですしね。

○お茶にごす
マジで走らせて抜き、相手の土俵で投げ、さらに絞めて意識失わせるか。
もう負け惜しみを言う余地がないですね。哀れヌー。

○魔王
鯨は向かってこないで、マスターが直接来るのか。
純也の能力はおそらく「選択肢の数と内容がはっきりして、かつそれらを同一のカテゴリーに括れる場合、自身にとっての最善手を選ぶ助けになる」ものです。
・じゃんけんで○○を出すと勝てる。
・拳銃の弾は○発目に入っている。
これらの場合の○の部分を理解する力、もしくは
・グー、チョキ、パーそれぞれ出したときの結果(勝ち/あいこ/負け)
・拳銃の引き金を引いた場合の弾丸が出る/出ない
あたりを把握する力みたいです。
発動条件、得られる情報ともに非常に限定された予知と言っていいと思います。
でも現実は選択肢は明示されてないし、数も無数。
こういう状況でどこまで効果を発揮できるんでしょうか。

○ハイド&クローサー
着ぐるみ。それは呪術師自身が呪術人形となる人呪一体の究極である。
例えるなら融合装着型アルター。別の例えをするなら甲縛式オーバーソウル。
それらが最強のアルターであり、最強のO・Sであるように、着ぐるみ呪術人形も最強の呪術人形足り得るのだ。
……ここまで書いて、社長自身は呪術師ではないことを思い出しました。
しかし春瓶の変容ぶりが酷い。新しい呪具も難なく使いこなしちゃって、本当にこの連載終わっちゃうんだなあという感じがひしひしとします。
そういう意味では↑に書いたように着ぐるみがラスボス(話の上では全然ラスボスじゃないけど)なのはいいんじゃないかなと。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/432-e7cf05f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー49号

・史上最強の弟子ケンイチ  ケンイチが張り付いていたことが余計にアパチャイの負担になっていたと思う。事実上の「肉鎧」を着させた状態でなんとか粘った裏ムエタイ界の死神には感服するよ。それとも弟子の骨格は完璧に把握しているから、ヒットしても本人にはダメージ...

  • 2008/11/08(土) 00:23:41 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。