乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー46号 漫画感想

今週の感想は、
・アラタ カンガタリ~革神語~
・結界師
・絶対可憐チルドレン
・金剛番長
・アーティストアクロ
・呪法解禁!! ハイド&クローサー
以上の6作品です。

○アラタカンガタリ
革が天和国でバトルする話、という路線でよろしいか。
日本に行ったアラタの方も気になりますけどね。
例の剣が天和国の出身ですらない革の手で光るというのはどういう話なんでしょうね。
実は異世界人専用とかですか。

○結界師
烏森の退屈。もしくは烏森の憂鬱。いずれは烏森の消失?
「ただの人間には興味ありません。この中に妖怪、妖混じり、土地神、異能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」
最終的には、烏森は封印するのではなく解放することになりそうですね。
よくよく考えると、良森の母が竜か何かを烏森に引っ張ってきたことがありましたが、あれって烏森の退屈を紛らわせることが目的だったのかも。
最終目標の方向性は少し見えてきましたが、それよりも目先の問題。秀にスポットがはじめてあたった展開です。あと大吾さんもか。

○絶チル
ナオミちゃんパワーアップ!(済)
谷崎主任の「美少女エスパーの育成に定評がある」というのは自惚れではなく客観的な評価だったんですね。
その割に担当がナオミ一人なのは性格的な難点の問題か、谷崎主任の眼鏡にかなう美少女エスパーが出てこないのか、いても美少女の方が嫌がってるのか。
しかし今回も黒い幽霊ですか……
チルドレン出動→影チル出現→雲井悠里、影チルに友達扱いされて悲しくなる→黒い幽霊出現というのが早くもパターン化しつつありますね。
パンドラが動き出してくるまで続きそうなパターンです。
バベルのエース……ダブルフェイスに賢木、ナオミちゃんにザ・ワイルド。
新登場のキャラとかもいて欲しかったような気もしますね。小学校編の終盤、時間飛んでますから新たなるエース候補とか出てきてもおかしくないと思うのですが。

○金剛番長
殺鳥の解説にロック鳥とかさらっと書いてあるんですが。
そっちの方がより怪しいわー!
しかしそんな箔でもないと殺“鳥”という名前にはならない。困ったもんだ。
37564の可能性は考えていましたが、これはいよいよ十数年後の第二部、金剛番長二世編になるんでしょうかね。
主人公は金剛晄と陽菜子の息子で、敵の総大将はマシン番長と陽菜子の息子で異父兄弟同士ね。敵の総大将の妹すなわち第二部主人公の異父妹がヒロインで彼女以外は総大将相手には攻撃力半減とかそんな感じで。

○アクロ
ああそうか、単に足手まといと思ったわけではなく、そもそもアート協会に目をつけられるようになった原因が自分にあると思ったわけか。
そしてアクロのロリコン疑惑に歯止めがかかりません。
『年上の女に抱きつかれたって嬉しくねー!!』そこまで言うか。

○ハイド&クローサー
ツンデレ仲間の奮闘の影で、じいちゃんの仕掛けが発動してるわけですが。
これがハイド復活に繋がるとしたら喜び半分落胆半分ってとこですね。
ハイドがいないから頑張れない→ハイドが戻ってこれるから頑張るよ!
では黒兎の成長としてはどうなんだろうなと思ってしまうので。
ハイドの復活と春瓶の復活を両立できる展開になってたら来週の感想で麻生羽呂先生を神と崇めたいところですが、はてさて。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/411-9b956b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー46号

・絶対可憐チルドレン  レベル4~5相当だったナオミを6に鍛え上げるとは谷崎主任は有能な男だ――有能でなければあれほどの問題児でありながら組織の中で生きていくことはできなかっただろうな。彼に比べて皆本の鍛えかたは絶チルをレベル8にするものには思えない。...

  • 2008/10/18(土) 10:21:34 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。