乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ42号 漫画感想

今週の号の感想は
(新連載)チャゲチャ
・ONE PIECE
・バクマン。
・トリコ
・To LOVEる -とらぶる-
・PSYREN -サイレン-
以上の6本です。
○チャゲチャ
さて、どうしちゃったんだろうなあ沢井先生は。
なんかこう、ギャグ一つ一つの起承転結がなってないとでも申しましょうか。
フリとオチの関係がおかしい。いや、フリとオチの対応がおかしいというのもギャグ漫画においてはネタの一つだし、沢井先生はボーボボ見る限り前フリとオチが非対応になるギャグを多用する作風ではあったんですが……
前フリとオチがあってないネタというのは、読者を置き去りにしがちです。
連載ギャグ漫画では、前後のストーリーと繋げたり、それまで培ったレギュラーキャラクターのリアクションを通じて、一つ一つのギャグにはついていけなくても漫画作品そのものには振り落とされない構造ができると怒涛のような不条理ギャグの連発も可能になるんですが、新連載でそれやっちゃまずい。
ましてや、新しい漫画の世界設定からして現実離れしている場合、「おかしい」の境界線が分からなくなります。
「おかしい」ということは「普通」ではないということ。しかし今回、その「普通」を見せないままチャゲチャ出しちゃった。一体何が「ウソだろ……」なんだかわかりゃしないんですよね。下理羅高校のヤンキーの態度からするとアレは普通じゃないっぽいんですが、ヤンキーの態度で分かったのでは遅い。一目見て、これまでの8ページで出てきた異常な世界の住人でさえ異常だと思うようなおかしいもの出さなきゃいけないのにちょっとあのシーンのチャゲチャにおかしさを感じない。
それが分からない沢井先生ではないと思うんだけど。本当にどうしちゃったんだろう。

○ワンピース
麦わら一味は完全崩壊。少なくてもルフィは一人ぼっち。
くまの肉球で弾かれて本当に三日三晩飛びました。いや一日くらいしか経ってないかもしれないけれど。
でもって落ち込んだときに食べると楽しくなってくるワライダケを食べて、他のキノコまで食べちゃって体からキノコが生えて絶体絶命。
まるで冬虫夏草ですねカラダカラキノコガハエルダケ。
というか、先週までと展開違いすぎて温度差に戸惑うことしきりです。
レイリーと黄猿はどうなったんだろう。ローとキッドvsパシフィスタの顛末も気になります。それが一気に視点が島から離れちゃいました。
しかも女だらけの島って……ここからどういう展開にするんだ尾田栄一郎ー!

○バクマン
サイコーの絵は素人にはプロと言われても納得いくレベル。しかし下手な漫画家より上手い、ではアニメ化にまでたどり着けない。他にもやるべきことは山ほど。
それに比べるとシュージンはどうもなあ……まだ話を作るレベルにないのかな。
ところで学力だけで学校決めちゃ駄目だぞ。
材料としては校風(自由なほどいいが不良みたいなのが幅利かせるのを許容するようなとこだとロクでもないことに巻き込まれるかも)、学校行事(力を入れているほどマイナス、特に文化祭の準備強制みたいな雰囲気あると辛いね)、教育方針(補習に熱心だと辛い、あと部活動全生徒強制加入とかも)、アルバイト(漫画家志望もプロもアルバイトではないけれど、バイト禁止な所が万一のときに漫画家やるつもりの学生にいい顔するとは思えない)アクセス(家との距離もだが、仕事場との距離も大事)とかも考えないと。そこは漫画として割り切るべきところかもしれないけど。
そして顔も見えないところにはるか先を行くライバル出現。青森だから会うことすらないかもしれないけれど、同世代でプロになりそうな人が出ているのはショックでしょうね。

○トリコ
小松大活躍。そういえばこの人も料理人としてひとかどの地位なんですよね。
若くして三ツ星ホテルの料理長でしょう。
それこそ捕獲レベル5だのレベル8くらいのびっくり食材を捌くのなんて珍しくもない立場なんですよ。アンドレカジキがいくらかは知りませんが。
脅威はしっかりフグ鯨食べてから来ましたね。網持ってるから人に近い生き物もしくは奇妙な格好をした人間なんでしょうけれど……

○とらぶる
ナナとマロン! こいつは予想もしなかった組み合わせだ!
そういえば春菜がリトのこと好きって意外と知られてないんですよね。大人の人除くとお静ちゃんくらい?
ナナの行動如何で激動の展開もあり得ます。ちなみに現時点では「春菜がリト好きなことがナナに知れた」こと自体、ナナとマロン以外は知りません。
この話自体を聞かなかったことにするか、知らないけどさりげなく春菜を手助けする(リトをララから引き離すために)か、本人に言ってしまうか、本人以外(ララとか)に知らせちゃうか。万が一リトの耳に入ったら最終局面と見ていいでしょう。

○サイレン
雨宮さん刀持って来てたのか。
先々週出してくれてればあの週のジャンプ刀率をさらに上げれたのに。
リボーンの山本ほど刀の人ってイメージはないから出してないのにカウントするわけには行かなかったんだよね。
しかも刀は前座で最後に大鎌出してるし。
この大鎌もマインドジャック冠されているということは、本質的には有線トランスなどと同じ。でかいから大気の影響で壊れにくいんでしょうね。
トランスである以上、当たると精神や神経に影響して何かおこるんでしょうけど、何が起こるのかなあ。わくわく。
カブトにはやはりドルキのPSIが見えている模様。
そしてヒリューのターンは先週で終わりなんでしょうか。
てっきり朧が治してヒリューがバーストで戦うかと思ったら……ゴツイ男を抱くのは嫌か朧! 重傷者に同行するのが当然といっておきながら!



FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/392-6c880545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ42号:新連載チャゲチャ

・チャゲチャ  ひとめ見てからずっと…ずっとカオスでしたっ!  ……なんだかなぁ。緩急の急しかない勢いまかせで息がつまる内容だった。まるで洗濯機に放り込まれたみたいで、大増ページがあまりプラスに作用していない気がした。ヤンキー世紀末時代の説明も、細部を...

  • 2008/09/15(月) 00:10:26 |
  • 360度の方針転換

トラブル116 春菜の思いに気づいたナナ!エロ少なめラブコメな「To LOVEる 」

いきなり、 「くやしい でも 感じちゃう」…!  リトが目を覚ますと、モモがそんな状態になっていました。うーむ、デビルーク人はすご...

  • 2008/09/15(月) 21:38:39 |
  • To LOVEる -とらぶる- 考察

【少年ジャンプ2008年42号】

★表紙は【チャゲチャ】。【ボーボボ】の《澤井啓夫センセ》の新連載です。見た限りでは銀縁眼鏡を掛けた“関西系893”です。白いスーツに青いYシャツ白ネクタイ、白いカンカン帽子……。ああ、再び滅茶苦茶なバトルとギャグ満載の毎週を味わうことになるんかいな???...

  • 2008/09/16(火) 11:55:48 |
  • MINT ROOM 

【大経典】週刊少年ジャンプ42号(9/16)

ネタバレ必死、週刊少年JUMPです。 立読みして直ぐの新鮮直球簡易感想です(笑) 週刊少年ジャンプの注目作品 【ハグマン】 シュウジン・・・ 君は原作を書く上でも色々な経験を擦るべきだ! サイコーに付き合ってその選択肢を狭くするのは、、、 ...

  • 2008/09/16(火) 14:41:40 |
  • ラブ教総本山

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。