乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #9 「DEADBODY and LOVER4」感想

ジャンプSQと同時にエンバーミングの単行本が発売されました。
しかし単行本に関する記事は後日。

エンバーミング 1―THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN (1) (ジャンプコミックス)


ジャンプSQ全体を通してみるとテガミバチにビックリ。
何だよ車椅子の女豹って。こんなキャラだったのかシルベット!
まあそれはともかく。



また無茶な武器を作ってきたな。
そして、人造人間と銃の力関係が大体分かってきました。
銃で人造人間に傷は負わせられる。ただし倒せるとは限らない。
まして機能特化型相手では通用しない危険性もある(『機能特化』が戦闘力を向上させるものばかりとは限りませんし、戦闘力向上に耐久性の向上が含まれているとも限らない)
なので、機能特化型と戦う可能性を見越して、勝とうと思う装備を求めるなら既存の品では不可能と。
しかしアシュヒトも随分と人間やめてやしないですかね。足で受ければOKってわけでもないでしょうに。その辺は漫画だからで納得するべき?
義足のどこにあれだけ弾丸入れるスペースあるんだよ、“鋼鉄の腕”作るときに“装甲の足”改造した? それとも元々物入れスペースがあったの? の方には積極的に目をつぶりますが。
この銃は純然たる手段。そしてエルムは手段であり目的でもある。
それが分かってて聞いたのかどうかが分かるほどゾンネウアーの人となりは分かりませんが……つか博物誌とノリ違いすぎるー!
本当に弾倉ギミック話せなかったら哀れだけど、使ってるんだからアシュヒトはちゃんと聞いてたんでしょう。
とにかくやたらめったら撃ってスパズム抹殺、ハーピーは……まさかここでは死にそうにないですが一件落着。
あ、フランケンシュタインは死ぬというより壊れるなんだっけ。まあいいや。今後も人造人間に対して死ぬとか生きてるとか躊躇せずに使う方針です。
しかしこの件の本当に一件落着的な話はフィリップとアザレアの逃避行の結末で締められるのであった。1話使うほどの話になるんでしょうか。なるのならすんなりいきそうにはないのですが……波乱起こせる、かつ起こす気があるのはエルムだけだなあ。何する気だろ。


FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/388-a7400d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。