乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第188話感想伊澄スペシャル

昨日の感想では意図的に伊澄さん関連をスルーしました。
ちょっと分量的に多くなりそうだったので別記事扱いです。

そういえば咲夜初登場の回に伊澄をマッターホルンに捨ててきたことは語られてるんですね。
……ちなみにこれ、伊澄はまだ初登場前です。
初登場前からぽーっとしているので捨ててきましたとか言われてるんですね……伊澄さん、すごく不憫です。
ちなみに作中ではまだ4ヶ月前です。そりゃ根に持ちますよ。


さて今回のメイン。
「どうやって伊澄さんは気がつくとオランダにいたりできるのか?」について。
時々こういうどう見てもギャグ描写なことに全力で噛み付いたりもするんですうちのブログ。

まず大前提として、普通に歩いててオランダにつくわけないんですよ。
伊澄さんなら海の上を歩くことも不可能ではないかもしれませんが、あたり一面が海だと気づかないほどボケてはいない。それに気づかなかったら方向音痴というよりは全盲の人でしょう。
すなわち、伊澄は海面を歩かず、土の上や床の上を通ってオランダに到達した。
どうやってそんなことが可能になるかというと、最初に考えつくこととして、飛行機の中に迷い込んでしまった説。
しかし飛行機の中なんて、入ったらすぐ気づきそうなものです。フライトは少なくても数時間はかかるわけで、その間気づかないわけもなく、気づいていたのなら「気がつくと飛行機の中にいた」というのが正しい。
というわけで乗り物の中に迷い込んだ説も却下。ちなみに船ではやはり一日ではオランダに着きません。

というわけで、気がついたらオランダにいることが可能な方法としては、次の二つが挙げられます。
1.伊澄さんは無意識のうちに瞬間移動していた。
2.伊澄さんは異空間を経由してオランダに到着した。

……荒唐無稽上等。しかし伊澄の力の産物であるマヤと宇宙船がハヤテとナギを地球に送ったりしているので、伊澄さんは自分でも知らないだけで瞬間移動とかができるのかもしれません。
オランダと日本では風景も随分と違うでしょうが、うっかり違いを見落とすくらいは伊澄さんはやりかねないと思います。(あたり一面海を見落とすのは無理だと思う……私的に「アリ」「ナシ」の境界線を明示できなくてすみません)
そして後者。皆さんが知っている世界とは物理的に隔絶された空間を経由してオランダについた場合。
隔絶された空間といえば、王族の庭城が出てきたばかりですね。
あのような不思議な空間が他にないとも限りません。そういった空間の出口が日本とオランダにあれば、いわゆるショートカットをして気がついたらオランダにいた的な芸当も可能であると思われます。伊澄さんは普通の人には見えないものが見える人なので、そういう異界の入り口的なものを発見しやすい(そして違和感なく進んでいってしまう)のかもしれません。

どちらにせよ、あまりハヤテのごとく! のストーリーに深く関わって来るとは思えませんけどね。あまりクローズアップすると本筋から離れちゃいそうだし。

FC2 Blog Ranking

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/377-e7ebd01d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。