乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー33号 漫画感想

今週の感想は、
・結界師
・アーティストアクロ
・絶対可憐チルドレン
・お茶にごす。
・呪法解禁!! ハイド&クローサー
・イフリート
この6本です。


○結界師
例の男は裏会所属とな。
しかも今回烏森警護に来たと……目的は神佑地狩りをうちから手引きするのか、もしくは結界師を拉致することか。
目的よりも、彼を烏森に派遣することができる権限の持ち主が背後にいる事実の方が厄介です。神佑地狩りの真犯人はやはり裏会にいるんでしょうか。

○アクロ
早速バトル漫画になってきましたよこん畜生。
アクロの夢はちょっと予想外、かつ納得できる少年の大志としてはほぼ満点をつけていいものではないかと。
ちょっと困った振る舞いが目立つ上に、ロリコン疑惑までかかりましたけどね。

○絶対可憐チルドレン
ナオミさんは女子大生エスパー……女子高生じゃなくなっても谷崎さんは相変わらずなんでしょうか。
しかし何年経っても皆本は変わらないな。
絶叫なんてしてまで否定しなくても……もう中学生なんだから間違いが起こる可能性を肯定したっていいのに。むしろそれを方便にした方が穏便に事態を丸く収められそうなのに。
葵が騒動の中心になるのは結構珍しいですが……呉竹寮あたりが落としどころになりそうです。

○お茶にごす
肝試しの誤解は晴れないまま因縁ができてる……!
しかし無意識レベルの認識だと、いざ昼間にブルーが出てきて憎悪の対象と思えるんでしょうか?
憎悪は恐怖ほど生理に直結した感情じゃないからなあ。
ブルーの方が喧嘩腰で接すれば船橋の感情を一気に傾かせる追い風にはなるでしょうが。

○ハイド&クローサー
そういえば黒兎は何やってもダメな子でしたね。
雨竜もダメなのは意外でしたが。
そしてレギュラー揃っての勉強会はさっぱり勉強できないのはお約束。ベタな話を持ってきましたがこういう話は面白いですよね。

○イフリート
よし、赤銅は逃げ切ったか。
真嶋と警察の件もひと段落つきましたが、ユビキタスの中核部はほぼ無傷。
というか、この咎人会騒乱が終わってもユビキタスは消えない結末なのかも。
それでも神貫あたりとの決着はつけて欲しいところですが……全然出てきませんね、彼。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/358-f9620fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー33号

・絶対可憐チルドレン  いまさら世間体とか気にしている場合か。常識がひっかかったら逆をいくのが未来を裏切るのに有効な手法だ。どうせエスパーに恨みがある連中はなにをやっても文句をいうさ。むしろ不純なのは作品の描きかたの方だと思ってしまった。ひとり恥じらう...

  • 2008/07/19(土) 01:01:30 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。