乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー32号 漫画感想

戦う男の休息――――でも棒アイスじゃ絵にならんなあ。
これだから良守は……

今週のサンデーは
・結界師
・神のみぞ知るセカイ
・アーティストアクロ
・絶対可憐チルドレン
・ギャンブルッ!
・GOLDEN★AGE
・クナイ伝(最終回)
以上の7本です。

○結界師
またも主人公周辺の手の届かないところで事態が進行。
大首山の土地神でかいな。首だけでアレで、しかも首以外もちゃんとあるってなんだそれは。さすが要。
犯人側は、どこからか結界師を拾ってきてる模様。
どこかってどこだー!
烏森以外に結界師の血統があれば当然そこも疑われるはずなんですよ。
案外、力の弱いものを強化どころか、特異な力を持たない人に結界師の力を植えつけてる可能性すらあるんではないかと。
「もういやだ。」といい、そういえば生きているはずの扇一郎といい、烏森周辺は不穏なことだらけです。

○神のみ
実は前回、エルシィは人間界のレシピを見て失敗している罠。
ある程度彼女の早合点を具体的に面と向かって指摘できないと
図書委員さんにはそれを期待するのはダメです。職分を大幅にはみ出ています。
やるとしたら桂馬なんだけどなあ。
桂馬主観でいえば、ゲームの邪魔をしたり、騒いで集中力を乱したり、肉体的な苦行を強いたりする人が悪い人なので、今回の図書委員さんの第一印象は悪くないっぽいですが……こういうときは逆に苦戦しそう。

○アクロ
ナジーは写真家でした。ゆえに鏡でナジー自身の像をフレームに入れてしまえばアートの力でナジー自身を閉じ込められる、というからくりは面白いけど非常に分かりにくい。
しかも、最後の脅しはなあ。最終的に恐怖で人を動かしとるやん。
まあ今回アクロは粘土細工も全く使ってないわけで、ある意味アーティストらしく人の心を動かしたつもりはないわけですが。
アーティストが人の魂を扱うというのはどういうことか。ちょっとイメージが沸きづらいのですが、そのうち具体例が出てくれるでしょう。

○絶チル
本当にすぐに大人になってしまいそうです。
まさか6年生に進級をすっ飛ばして卒業までしちゃうか。
もしかして、例の予知の年まで進めていくつもりなんでしょうか。
2年も飛ぶと結構三人とも変わりますねー。案外皆本も変わってるかも。
ザ・ハウンドとか澪とかはどうなってるんだろう。

○ギャンブルッ!
クセがそう簡単に消せるならサバラはここまで勝ち抜けないはず。
よっぽど変わった方法を使ったんでしょう。
本物の癖をかき消せるような偽の癖を使って見せるとか?

○ゴールデンエイジ
えーと……カベがあったら止められたかどうか分からんって。
それはチームとしてカベを作る必要がないってことじゃん。
それなのに普段はカベを作ってるの?
偵察の結果としては、得た情報は永和の方が多そうですが、今回シュート外した近江と完全にみそっかすだった美島が鍵を握ってくるんだろうか。
どっちにしろ、かもめはあまりセットプレーから点を取るイメージはないのでFKのデータとられたのはあまり気にしなくてよさそうですけれどね。

○クナイ伝
特につまらないと思っていたわけではないですが、感想書いた回数はとてつもなく少ないこの漫画。
何だろう。パンチが足りなかったのと、忍でありバンパイアであるという設定がうまく生きなかったせいでしょうか。
バンパイアハンターのくだり、完全に浮いてたもんなあ。
なんにせよ緒里つばさ先生、おつかれさまでした。

FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

>○ゴールデンエイジ
>えーと……カベがあったら止められたかどうか分からんって。
>それはチームとしてカベを作る必要がないってことじゃん。
>それなのに普段はカベを作ってるの?

もし壁がなければ唯のシュートコースが限定されず蹴り放題になってしまいます
試合中ぶっつけ本番で今回のシュートを撃たれたら止められらかどうかわからない、ということだと思いますよ

  • 2008/07/11(金) 19:40:10 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ああなるほど

そういえばカベがあると思って蹴ってくれと言ってましたね。
唯がカベを想定して蹴る限りは、滝に不利な要素はないわけですね。

  • 2008/07/18(金) 22:49:01 |
  • URL |
  • 靖斗HB #yQpEVyLc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/354-1dad04a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー32号

・絶対可憐チルドレン  すべては元の鞘におさまったようでいて、登場人物が決意を固める結果になった。兵部の場合はもっと別の覚悟も固めなければならない状況に陥っているようだけど、普通に寿命を考えたら諦めを付ける必要もある実年齢だということを忘れないようにし...

  • 2008/07/11(金) 12:53:09 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。