乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #6 「DEADBODY and LOVER①」感想

今月はセンターカラー&表紙!
表紙が白黒なのは、演出効果を狙ったものでしょうか?
実は塗る時間が足りなかったとか……どれだけ心配性なんだ私。

エルムは一人になってもバカ。
無関係の人と話しててもバカ。
自分が人造人間だと言っちゃうほどバカだとは思わなかったよ。
アシュヒトも、いくらなんでもエルムがここまで馬鹿とは……思ってたみたいですね。
周りを困らせることを危惧しています。
周りのフィリップが普通にいい人(多分に世間知らずでもありますが)なので特に騒ぎが大きくなりません。
というか、フランケンシュタインは一般的には架空のものだと思われているみたいですね。
読切弟一作でジョン=ドゥとリトル=ロゼが訪れた町みたいになってれば皆知ってるでしょうけど、現代ほどメディアが発達していなければ知ることは難しい、と。
あそこはイギリスではなさそうなので、他国の町ではさらに情報入手は困難か。
さて、フィリップとアザレアの駆け落ちは、どう考えてもうまくいきそうにありません。
アザレアは自称悪い人。結婚詐欺のつもりか金持ちの夫人に収まって一生安泰が目当てなのかは知りませんが、ここで他人の値打ちも分からない小荷物に手を出しちゃだめだ。
まあ、当時の教養のない人なんてそんなもんだけど。
だから身分違いの恋が奨励されないんです。本当に卑しい人が多かったから。例外ももちろんいるんでしょうけど、アザレアは例外ではなかったようです。
でも、本当に悪い人なら自分は悪い人だって言わんよな。半日だけでもエルム接した印象としては、『いくらでも言い逃れできそうな相手』でしょうしね。
ま、それよりも重大な問題は皮膚強化型人造人間が聞いたアシュヒトの特徴が思いっきりフィリップにかぶる件。絶対フィリップの方に来るのは漫画の法則として確実。
エルムが単独で勝てそうな相手ではない。アシュヒトがいたって確実に勝てるとは限らない。さあどうなる?




FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/333-58830cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。