乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ24号 漫画感想

今週号はワンピース休載。
表紙はブリーチの一護ですが、本編には当分(下手したらこれから一年以上)影も姿もなし。
……グダグダだなあ。

とりあえず今週号の感想は
・NARUTO
・銀魂
・アイシールド21
・HUNTER×HUNTER
の四作品に、
・家庭教師ヒットマンREBORN!
・To LOVEる-とらぶる-
・PSYREN-サイレン-
・エム×ゼロ
・ピューと吹く! ジャガー
の5作品分を追加しました(5/17 23:30)





○ナルト
うちは一族の命運は単なる逆恨みと自業自得、というのは言い過ぎにしても、結局政治力の不足を挽回できなかったのが今日に至る最大の要因。
マダラ失踪から九尾出現まで何事もなく順調に衰退しただけじゃないか。
それを虐げられてきたかのように語られてもなあ。

○銀魂
吉原上層部の人の台詞が妙に歯切れ悪い。
日輪は晴太の母親じゃないんじゃないですかね。
案外月詠とかが母親だったりして。いい人みたいですし。

○アイシールド21
阿含が帝黒に乱入。「引き抜かれに来てやった」は流石に本気ではないでしょう。
まさか本当に転校した挙句試合に出て来やしないでしょうね。
鍛えていた意味はあったようで、大和の「アレ」に関連するだろう話がチラっとでてきました。実態はまるでつかめませんが。
セナに対して致命的なもの……色々ありそうですが、さてなんだろうなあ?

○ハンター
ああもう、ナックルが本当に死ぬかと思ったよあの時は。
ページめくってナルカミが炸裂しててホッとしました。
漫画でここまで本気で死んだと思った(けど)生きてた展開は久しぶりですね。
しかしナックルはシュートはもう助からないように思っているんでしょうかね。
これ以降全く攻撃されず、以後安静にできていれば助かりそうには思えるんですが。


○リボーン
獄寺が5種類持ちかあ……
2種3種では16個のボックスの性能がかぶらないようにするのは無理があるというのはわかるんですけれども。

○とらぶる
猿山は呼ばれてなかったのか。哀れ。
校長に追いかけ回されるルン→レンも哀れ。つか校長の変態度の上昇に歯止めがかからないので、ルン&レンは銀河通販の防犯グッズでももってないと貞操がマジでやばいかもしれません。
んでもって、春菜とララのいい人属性がこれでもかと出てますね。
全体的には、今週は基本設定の再確認みたいな話でした。
とらぶるくえすとを経ても(「ララが好きかも」と言った程度では)人間関係は大きく変わらんよ、ということでしょうかね。

○サイレン
朧が本領(変態な部分)発揮。
カブトの無責任ぶりもキャラ立ちとしてはいいのではないでしょうか?
皆!! とにかく頑張ってね!!」には大笑いしました。
朧はなんとなくPSIの力に覚醒したような雰囲気がありますが、いくらなんでも即戦力はありえない……よね。
即前線に立てるならアゲハと飛龍の特訓は何なんだって話になりますし。

○エムゼロ
締めに入ってきました。
それも残念ですが、M0が結局九澄の魔法力の開花を妨げるものになってしまったことも残念。
結局M0プレートって何だったんだろーなー。
それでも話としては綺麗にまとまりそうです。
M0から通常のプレートに変更する機会があったとか、伏線……というよりは魔法周辺で納得できるエピソードはいくつも用意していたからか、留学に唐突感はあってもおかしさは感じませんしね。

○ジャガー
ピヨ彦、筋肉キャラのままだったー!
ウリにもなってるようで何よりです。
そしてハマーは相変わらずハマーでした、と。
そういえばハマーの抱負って何だっけ?


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/318-e868732d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラブル99 「To LOVEる -とらぶる-」の真の魅力はラブコメにあり!でもララのお風呂もあるよ!

 2週間ぶりの「To LOVEる -とらぶる-」であります。ここで今一度確認申し上げておきますが、本作は、  「ラブコメ」なんですよね。決して乳...

  • 2008/05/14(水) 05:17:28 |
  • To LOVEる -とらぶる- 考察

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。