乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスの王子様を振り返る④「青春学園の危機そしてフリーダム編」

この辺からどんどんやることが人間離れしてくるんだ。

ランキング戦は2ヶ月に一度。
ここでブロックごと上位2名がレギュラーとなり、そこからもれれば即レギュラーの座を剥奪されるサバイバル!
……なのですが、上位陣とそれ以外の差が激しすぎてあまり試練になっていません。
3年生になってはじめてレギュラー入りした河村もいますが、この人は昨年の3年生が引退した後、4月になるまでの3回のランキング戦では今回追い落とした人とは当たらなかったんでしょうね。
で、前回落ちた乾が奮起、桃城を破ってレギュラー復帰。
桃城はレギュラーから落ちて拗ねてサボって氷帝と遭遇。そこに越前が来て挑発に次ぐ挑発合戦の末……挑発だけで終わりました。
青学との対決フラグをビシバシ立てた成果か、青学対氷帝の試合が関東大会1回戦から実現。しかしそのメンバーはレギュラー落ちした桃城は当然として、リョーマがオーダーから外れました。
氷帝と遭遇した二人が綺麗に外れているという番狂わせ。
リョーマなんか主人公なのに……
その理由。
・黄金ペアは鉄板、さらに今回乾と海堂のダブルスの申し出があり、それを採用。
・氷帝には超パワーの怪物、樺地がいて、越前が相手するのは危険。よって河村。
・手塚、不二、越前の三人だったら外すのは越前かな。
まあ納得できます。樺地がS3に来るとは限らないことを除けば。
実際の試合は、青学がかつてないほどの大苦戦。
河村がかつて自分の手首を傷めた波動球をこっそり会得していたりと、青学側もテニス離れしたプレイを身につけつつあるのに対して、氷帝側もムーンサルト殺法の使い手とかバトル漫画でもあまり見ない「馬鹿力でしかもコピーキャラ」という人外を投入。
ムーンサルトの日向は菊丸以上に跳ぶのはいいが体力が落ちて以後回復しないで負け、樺地は地力ではパワーも含めて河村に勝っていたのに腕に負担のかかる波動球をコピーしてしまい、最終的に引き分けてしまうなど、オチもしっかりつけています。
そんな中でもったいぶって出てきた氷帝の秘密兵器、芥川ジローに6-1で圧勝しちゃう不二は空気読めって感じですが。どこの師匠キャラだお前は。
S1の手塚にまで勝負が回り、しかもその手塚が負けるというのは驚愕の展開。
試合は補欠戦までもつれ込み、無事リョーマに活躍の場は与えられました。
結局桃城にも越前にも出番はあったんだね……
最終的に勝ち進みはしたものの手塚が負傷で離脱、大石も当分試合は無理という、チームとしては満身創痍の状況になります。ちなみに河村は次の試合から復帰。
ガーターしたら青酢の「ボーリングの王子様」でさらに死人を増やしつつ舞台は2回戦と準決勝へ。

地区予選や都大会では青学に恐れをなす学校や奇策を試みる学校も多かったですが、関東大会ともなるとどこの学校も(銀華除く)青学には地力で勝てる自信を抱く学校も多いです。一応、昨年のベスト4だったのに。
手塚と大石不在では仕方ないといえば仕方ないか。
2回戦の埼玉県優勝校の緑山もそうですが、3戦3勝で難なく倒します。
準決勝の相手は昨年は青学と同じく関東ベスト4の六角中。
青学と氷帝の試合を見て「今の青学で怖いのは不二だけ」などと言いますが、
(注:手塚、大石は抜けたと確信しての話です)
ふたを開けてみると、
D2、青学のパワーコンビである河村と桃城をパワーで上回り終始圧倒するもののダッシュ波動球に度肝を抜かれ、意識するあまり二発目を撃たれもしないのに逆転負け。
D1、菊丸を佐伯が完全に封印するものの菊丸が分身しだしたため状況が一気に変化、またも逆転負け。樹くんも目立ちませんが頑張ってたのにね。
S3、海堂が流血しながらも勝利。
スコアでは接戦もありましたが、3連敗。
S2に控えていたリョーマの出番はありませんでした。

もう一つの準決勝では、2回戦で山吹に雪辱を果たした不動峰がなすすべなく噛ませ犬にされていました。
不動峰は都大会の氷帝戦同様のオーダーを発動。
しかし石田・桜井組はおろか神尾・伊武組さえ全く歯が立たず、S3の橘でさえ立海の2年生、切原にボコボコにされる始末。
その切原と、偶然遭遇して野試合をやることになったリョーマ。
当初は圧倒しますが切原の目が赤くなると状況は一変、全く歯が立たなくなり越前もボコボコにされるのですが、リョーマが体からオーラを放出しだすと状況はさらに一変。今まで戦ってきた強敵の技を脈絡なく使い出す越前が切原を圧倒します。
それにしても、目が赤くなると強くなるとか、体からオーラを出すとか、この辺で一気にバトル漫画っぽくなりましたね。あからさまな噛ませ犬や分身もこの付近ですし。

次回「曲者マムシ妙技ジャッカル黄金紳士詐欺師教授博士天才悪魔皇帝サムライ群雄割拠編」に続く。

FC2 Blog Ranking

テーマ:テニスの王子様 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/270-df1c6a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。