乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー4・5号 漫画個別感想

今年最後のサンデー感想は
・呪法解禁!! ハイド&クローサー(新連載)
・結界師
・ダレン・シャン
・LOST+BRAIN
・金剛番長
・史上最強の弟子ケンイチ
・GOLDEN★AGE
・お茶にごす。
・マリンハンター
・絶対可憐チルドレン
以上の10本をお送りします。

金色のガッシュ最終回については別の機会に。

○ハイド&クローサー
バトル系の第一話としては、丁寧ながらも平凡です。
多分、作者と出版サイドも分かってるでしょう、その上で王道言ってるはず。
その中で特筆すべきはハイドか。主に性格的に。明らかに春瓶がハイドを置いて逃げようとしても罵倒も言わず激も入れず。ぬいぐるみのくせして自分を男と呼ぶだけはあります。
マイナス面は呪術かな。「暗黒の猿芝居」とか技の名前言っちゃうのはちょっと呪術っぽくないです。

○結界師
良守の考えなしぶりに改善の兆しが見られない一方で、目的不明な土地神のやる事がどんどん拡大中。
良守も時音も打つ手ないまま自体が最悪の方向に向かいつつあります。
意外と早く来た予言の時ですが、なんか盛り上がりに欠けるような……結界師二人が夜行の人たちより呑気そうだからか。奥久尼様も他人事ながら呑気だからなあ。

○ダレン・シャン
チャンスは失ってからはじめて気づくものとは言いますが、こうもあっさりしていると後悔もひとしおですね。
残り3回も思いもかけないところで出くわしてしまうかも。そしてやっぱり今がチャンスだと気づけないのかも。そう考えると怖い。

○ロストブレイン
たすきは講談社の方に行ったので「圧倒的反響」も大分掠れましたね(笑)
随分と催眠が便利かつ強力な小道具になっています。
ちょっと凶悪無比すぎるだろこれ。
小道具の強力さとバランスをとるためか、氷山の頭脳が抑え目です。
一年も準備期間があったのに、協力者は同じ学校の生徒から選ぶのかよ。
凡人を引き入れるのにリスクがあるのなら非凡な人を探したまえ。
(実はそれも問題があるんですが、今回のはそれ以前の問題)
そしてテロの実行犯も同じ学校の生徒。絶対に足がつくだろうというかいきなりテロかよ。
学校という狭い世界と世間が催眠の一言で隣接しちゃうのか。ストーリーは俗に言うセカイ系の流れになっていきそうですね。

○金剛番長
念仏番長の仏罰はやはりトリックでした……って、そのトリックの前提自体が超人じゃないか!
まあ金剛の打舞流叛魔ーだって超人なんだから別にいいですが。

○ケンイチ
ああ、ボリスと外見的には似ても似つかない人が師匠だ!
……一影九拳で外見が似てるのって水の師弟くらいですが。
でもって美羽問題はこういう決着か。永遠に進展しそうにないな(笑)
先日のムエタイの人とは逆に、ボリスが学校で具体的に何かする動きはなし。
というか今週はムエタイの人の続きだと思ったのに。
こうやって並行して描いていき、ケンイチとの衝突はもう少し後で出ることになるのかな?

○ゴールデンエイジ
白河にチェックかけてたはずの甲斐が、いつの間にかゴールの前に来てるー!
それは忘れるとして、実際ある程度はトラみたいな戦術は有効なわけです。
ただし全員がゴール前に陣取ってゲームが動かなくなる(笑)
その状態を丹波が利用するのかな?

○お茶にごす
竹ヤリ魔の行動はいいとして、ランニングの謎は解けてませんよね。
そしてネコ語も。さらに山田は空手。
読者から見てもワケ分からん生態。
でも謎は明かされるのか! とか気張るほど謎でもないんですよね。
なんだこの微妙にどうでもいいと意味不明の境界線にあるような生態は。

○マリンハンター
王家とか皇帝とかあるのか海洋新世界!
しかし誰が預けたかもわからんのにシロナガスクジラのFHの遺伝子持っていることが間違いないのは分かるってどういうデータが残っているんだろう。
ともかくFHの遺伝子というのは人間の遺伝子の中に潜在的に含まれていて、遺伝もするものだとすると、オーシャンドラッグはやはり触媒に過ぎないということですね。
そしてホエールが王族で、「シロナガスクジラの遺伝子が王家以外に現存しない」ことが確信できる程度にFHにも詳しいと。
軍人として以外にも重要機密握れる立場なのは間違いないが、帝国海軍の上のほうがどうなってるかさっぱり分からんしなあ。

○絶対可憐チルドレン
全編サプリメントお疲れ様です椎名先生。
「超能力とは」:コナン、キッド……先週号のお返し?
「超度とは」&「超度とは2」:超度はもういいから超能力の種類を知りたい。
合成能力は別として、念動、接触感知、瞬間移動、透視、精神感応、未来予知、催眠あたりでしたっけ今まで出てるの。
例外はいてもいいから、一般的にどんな能力が認知されてるか教えてよー!
「おっさんおばはんおじいさん」:「謎のおっさん(年齢不詳)」の存在は確定させちゃっていいの? あと1コマ目と4コマ目は対比されてる? 
「未来」:皆本がドアを開けて出てくること、薫が予知を知らなかったことが新規追加事項。でもときどきこういうシュールな夢ってあるよね。
「悪いことしたなって思ってる」:これでも谷間が見える服着てる葵は勇者だと思うんですよ。
「勝敗」:賢木センセイ、9年経っても老けないなー。皆本(予知内)もか。
「ストレス解消」:家事が苦にならない男に私もなりたい。
「やさしい女王様になるのだ」:ガッシュ追悼タイトル?
「だいたいそんなカンジ」:ニュアンスって大事。
「任務」&「前言撤回」:おちおちかわいいとも言えない皆本の明日はどっちだ?
「柏木マジック」:最近彼女のカリスマ性は落ちていると思う。
「「ダブルフェイス」のゆううつ」:ホストクラブとかでエスパーお断りの店とか、絶対あると思うんだ。でも下手にお断りにすると勘ぐられるジレンマ。
「魔法メイド少女 ぜったい!チルチル」:絶チルアニメ化をここで確信。
「ハヤテのごとくのごとく!」:本当に執事になったー!? 絶対与太だと思ってたのに。だがああいう裏話があると全編サプリメントとかだとネタに使えていいのかもしれない。
「悪の美学」:エスパーは毎週新しいのを用意! それこそが悪の美学!
「ツンデレ三部作・完結編」:ツンデレ発祥期はこれこそが正しかったような記憶があるのですが。加持さんに対するアスカ・ラングレーみたいなの。
「副業」:65ページは確かに長すぎ。あと女性キャラ何人出してるんだか。

FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/203-76b35c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー4・5号:新連載呪法解禁!! ハイド&クローサー

・呪法解禁!! ハイド&クローサー  出だしが格闘ゲームのそれみたいでちょっとワクワクした。  しかし、呪い人形に呪い人形をぶつけるシステムはどうせ呪術返しを喰らうなら意味がない気がするけどなぁ。どうせ酷い目に合うなら自ら手を下しにいって構うまい。けっき...

  • 2007/12/28(金) 22:18:56 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。