乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ02号 漫画個別感想

今週の感想は
・ONE PIECE
・家庭教師ヒットマンREBORN!
・BLEACH
・To LOVEる-とらぶる-
・HUNTER×HUNTER

以上の5本です。
○ワンピース
えー、まだモリア続くの?
とはいえ、影を人間に入れて強くなる性質をモリアが知らないのも不自然か。
悪魔の実の能力は試行錯誤を経ないと自分でも分からない部分多いですしね。
100体入れたルフィの体格と口調がおかしくなってたのも、このモリアの異形の複線でしょうか。

○リボーン
スクアーロ、百番勝負をビデオに納めさせ、しかも日本語で字幕まで作り、日本の映像媒体商品ばりにコンプリートボックスなんてものまで用意。
ちょっと凝りすぎだろスクアーロ!
そこまでやらないと山本をマフィアの道に引き込めないと思ったか。
そもそも、山本はツナのやってることが「ごっこ」じゃないって、いつ頃知ったんでしょうかね。
ひょっとしたら、現時点でも既に知っているのかも。分かってないとリボーンの過去を聞いても信じられなそうな気がする。
編み出した技は特式。しかもイタリア語。
スクアーロに触発された技だから、次代に伝える気はないってことでしょうか?
ボックス使用が必須なら伝えようもないですけどね。

○ブリーチ
私はマユリ様を誤解していたかもしれない。
相手の技にかかったふりして醜態の演技をするような人だとは思わなかった。
もっとプライドが高い人だと。
……しかしよく考えたら、好奇心がプライドより勝るというのは納得がいきます。
監視用の菌。実はザエルアポロも兄に何か仕掛けてましたね。すさまじく似たもの同士だ。そしてこの戦い、実はザエルアポロが先にマユリの戦いを見ていたらダミーなんか用意できてないわ、卍解は通じないわでまるで逆の結果に終わっています。
切り札は後出し有利、この漫画では初めて納得。
しかし石田に仕込んだ監視用の菌を通して一部始終を見ておきながら(つまり石田が一度戦った事のある相手だとは当然知ってるわけですよ)、ザエルアポロに知り合いかと聞かれて知らんと答えて、あまつさえ勝ち誇る際に仕掛けておいたよとか種明かしするなんてマユリ様は酷いな。
まさに外道。←その台詞すら先に言うし。

○とらぶる
ララに関しては技術論以前の問題。
さりげなく誘うのが上手くいってるのにどんどん頓珍漢になっていくのは、あの本の読者があの本を読む前に当然知っているだろうことは省略されているが、ララはその前提自体ないから。
といっても普通の女子高生にそこまで想像力を働かせろというのも酷。
しかし、押し倒してその後どうするのかどうなるのか分かってないとか、デビルーク星人の性愛観ってどうなってるんでしょうね。
不思議ちゃん系、ツンデレ系の台詞例を、TPO的にはどう見てもおかしいのにちゃんとそれにふさわしい表情で言えたりするというアンバランスも謎だ。
おかげで意味もなく恥らってるララもツンララも押し倒しララも可愛く見えるから困る。
仮にも王女、脈絡なく感情表情を作る演技力は達者ってことでしょうか。表舞台に出る人にはある種必須スキルですし。それが仇になってリトが事態を飲み込めなかったりするわけですが。

○ハンター
玉座で静かに微笑んだプフの内面、こんなだったのか!
休載前にもこのアリ、どこからともなくバイオリンを取り出して弾きながら絶叫とかしてましたよね。この城の中で敵味方合わせて一番美形なキャラをここまで愉快な内面を持たせて、かつありがちな変人に収めないのは流石。
キルアが立ち直ったのはいいですが、イカルゴの前に現われるのは誰でしょうね。
残る兵は6体。ウェルフィン、ヂートゥ、ブロヴーダ、ヒナ、シドレ、45号で出てこなかった蟻のうちから最低でも2体。
ヂートゥレベルでも、イカルゴは不利を免れなさそうです。
で、今週号までで10話。つまり休載。
次に読めるのはいつの日になることやら。
巻末コメント読む限りではやる気はあるようですが。




FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/184-69f6ea98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ2号:新連載K.O.SEN(キック アウト セン)

・K.O.SEN(キック アウト セン)  キックボクシング漫画の新連載。あまりに純粋な格闘技ものはスポーツもの以上に難しい雰囲気のあるジャンプだけど、迫力のあるシーンと確実なダメージ描写に期待をかけてみたくなる。  まぁ、主人公の飛嶋閃が相楽左之助なみのタフ?...

  • 2007/12/11(火) 18:17:18 |
  • 360度の方針転換

トラブル80 恥じらい!不思議ちゃん!ツンデレ!大胆下着!ララの魅力大爆発!

 今回のトラブル80「恋愛マスター(はぁと)」の時点で、ララは皆勤賞です。しかしここしばらく、トラブル73-79にかけてララ主役回がなくて残念至極だったのですが、今回は今までのうっ...

  • 2007/12/12(水) 20:29:46 |
  • To LOVEる -とらぶる- 考察

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。