乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスの王子様 20.5と40.5から各チームのオーダーを考察(前編)

テニスの王子様の公式ファンブック「40.5」が発売されました。
以前出た20.5の続編ともいえる内容で、キャラクターのプロフィール紹介も20.5で紹介されたキャラは苦手科目の項があるのに得意科目の項がなかったりします。
(20.5では全キャラ得意科目のみで苦手科目の項は無し。40.5新規登場のキャラは得意・苦手科目両方あります)

新規のキャラも引き続き出てきたキャラも、プロフィール欄見ると笑ったりツッコんだりで忙しいです。
以下、一例。

委員会:オモシロ探索委員
苦手科目:国語・数学・理科・社会・英語
趣味:修行(水ごり)
座右の銘:一日一跳(小学生のときに自分で作ったことわざ)
よく訪れる学校スポット:校舎脇の自販機
行きたいデートスポット:カジノ
テニス以外の特技:ひよこのオスメス鑑定
好きな映画:何を見ても眠くなる
好きな音楽:葉のそよぐ音
日課:おばあちゃんの肩たたき
苦手なもの(事):担任の小林・恥ずかしいポエム
行きたいデートスポット:ディスコ
今一番ほしいもの:骨董品店で見つけた壷
座右の銘:黒い白馬にまたがって前へ前へとバックした
日課:バラの観察日記
よく訪れる学校スポット:生徒会室の跡部専用ソファ・理事長室
テニス以外の特技:瓦割(8枚が自己ベスト)
好きな映画:人形のスプラッタ映画(題名なんだっけ……)
今一番ほしいもの:わたあめの機械

どれが誰のかはあえて伏せます。

それはともかく20.5や40.5には、漫画紙上で軽く流されたような試合のオーダーとスコアも書いてあったりします。
(とはいっても、青学が絡まない大会(神奈川県大会だとか、近畿大会だとか)は書いてないし、関東大会での敗者復活戦や3位決定戦などがどちらにも載っていなかったりと、資料として完璧とは言いがたいですが)
その資料から各チームの試合におけるオーダーを見ていきたいと思います。
青学は時々疑問符のつくオーダーを組む事もありますが、どうもそれは青学に限った事ではないようです……

今回は
・不動峰
・聖ルドルフ
・山吹
・緑山
・六角
・比嘉
の6校に注目。

○不動峰(地区予選~全国大会、全16戦分)
地区予選から青学と同じブロックだったので、データは豊富。
ただし関東大会の3位決定戦のデータはありません。(S1までもつれ込んだこと、不動峰はS1が橘だったことだけが判明)
東京都大会の3位決定戦はあったかどうかも分かりません。
片やタクシーが事故って部員7人中6人が負傷、片や全員が仮病で準決勝を棄権……中止になったんじゃないかなあ。
で、データがあるのが16試合分です。
(実際は17~18試合しているわけですが、実は全国決勝含めて16試合の青学より多い。理由は青学は地区1、都2、全国1合わせて4試合シードで飛ばしているから)

・橘は16試合全部シングルス。そのうち氷帝戦、立海戦、四天宝寺戦以外S1
ダブルスできないのか、それとも単に最強だからシングルス固定なのか。
・伊武は氷帝戦、立海戦以外シングルス。ダブルスは常に神尾と。
強敵相手に限ってダブルスなので、苦手ではないが性に合わないのか?
・神尾は橘、桜井以外の全員と一度はダブルスを組んだ。
・伊武はS3が8回>S2が6回。神尾はS3が4回<S2は6回。
この二人に関して、S2起用回数に差がつかないようにしている?
・石田桜井のダブルスが12回、森内村ダブルスが11回。
石田桜井は関東までは通常でも速攻オーダーでも使われていました。

総合的に言うと、橘がS1、神尾と伊武がそれ以外のシングルス、石田桜井組と内村森組がダブルスというのが基本のようです。
S2とS3、D2とD1の振り分けには指定位置と言うほどのものはありませんが、ダブルスに関しては内村森組より石田桜井組を上と見ている模様(後述の強豪相手のオーダーでは、内村と森は決まって後回し)
たまに神尾をダブルスに回したりもするようです。
また、総合力で不動峰をはるかに上回る相手には、序盤3試合に戦力を結集してS2やS1に回る前に試合を決める事を狙ったオーダーを組む事もあります。
使った相手は氷帝、立海、四天宝寺です。
準レギュラーと正レギュラーの力の差が激しい氷帝相手には通用しましたが、立海や四天宝寺相手では橘すら負けての3連敗。強者揃いのチームには通じないようです。
青学や山吹、六角や牧ノ藤はそれほど強いと思わなかったのか通常のオーダー。
ただ、速攻オーダー自体が青学戦で橘に回る前に負けてしまった事から来ている可能性や、ダブルスが強い山吹で相手はダブルスに主力を回すのはかえって危険と判断した可能性はあります。


○聖ルドルフ(都大会~都大会敗者復活戦、全5戦分)
都大会で初登場、かつ都大会で消えたため、データは少なめ。

・観月はシングルス専門。しかも部長を差し置いてS1が指定席。
偉そうだなあ。しかも手塚や跡部がいる時はS2に逃げるし。
・赤澤はダブルスのときは常に金田と。
本来不慣れですから、ダブルス専門の人と組んで弱点をカバーする策か。
・柳沢と木更津はダブルス専門、しかも互い以外の人と組んでいない。
黄金ペアかというと疑問符がつきますが。

オーダーは基本観月が相手のことを調査して決めるようです。
青学に関してはよく調べていましたが、敗者復活戦での氷帝は、どう見てもオーダーを読み違えています。
○D2赤澤金田7-5(vs小川近林)
●D1柳沢木更津4-6(vs海田樺地)
●S3不二1-6(vs芥川)
●S2観月0-6(vs跡部)
-S1野村(vs樫和)
正レギュラーは樺地、芥川、跡部の三人。特に跡部は絶対避けたい相手。
それを避けて観月はS2に行ったのですが、ここでまさか跡部と鉢合わせ。
D2は勝ったとはいえ、準レギュラー二人組相手に手こずってます。
赤澤のブレ球が菊丸の動体視力にダメージを与えるからこその青学戦ダブルス起用で、氷帝相手にまたダブルスで出る必然性は薄いですよね。
何の考えもなく青学のオーダーをそのまま使ったんじゃないかという疑惑が。
左殺しの不二(裕)を誰にぶつけようとしたのかも謎。
氷帝の正レギュラーで左なのは、都大会で出番がない向日1人。準レギュラーの利き腕は不明ですが、準々決勝までの氷帝のオーダーには「S1に跡部。S2は宍戸と樺地のどちらか」ぐらいしか固定された部分がないので左殺しが生きるとは思えません。
観月としては、S1の跡部に回さない事を念頭に置き、S2の正レギュラーは自分が倒し、二つのダブルスとS3のうち正レギュラーが回ってこない二つと観月が勝って3勝という読みだったのでしょう。
ただし、不二(弟)は氷帝の準レギュラー相手に勝てるかという懸念事項が残ります。
まあその賭けをせざるを得ないぐらい実力差がありますからね。
不二弟と金田のペアでは準レギュラー二人でも危ないとか、あるいはこの二人は相性が悪いのかもしれません。不二金田ペア(公式戦ではこの組み合わせは無し)がイマイチ強くないとしたらこのオーダーも一応アリか。


○山吹(都大会~全国大会、全9戦分)
関東大会の敗者復活戦のデータがありません。
・ダブルスとシングルス両方で試合やってるのが二人一組だけ。
基本的にダブルス陣とシングルス陣を完全に分けてあるんでしょう。
・ダブルスの組み合わせがわずか3通り
ペアも基本的には固定されているんでしょう。
・都大会や関東大会では千石がS1だったりS3だったり一貫性がないが、全国では一貫してS1、地味’sもD1とD2をフラフラしていたが全国ではD1固定。
20.5によると山吹はクジでオーダーを決めているそうです。
しかし全国では流石にそうも言っていられないのでしょう。


○緑山(関東大会~全国大会、全3戦)
関東大会敗者復活戦のデータがない……ただでさえ少ないのに。
なので分かる事が殆どありません。
季楽がチームで唯一シングルス専門なことと、3試合共通のダブルスペアがないことぐらいですね。
2試合共通のダブルスが二組ある等、方向性らしき物は感じ取れるんですが。


○六角(関東大会~全国大会、全4戦)
関東大会3位決定戦のデータがない……ただでさえ少ないのに。
・誰しも一度はダブルスをやっている。
・シングルスを一度もやってないのは樹のみ。
・4試合中、3回以上共通して出ているダブルスペアがない。
何を基準に決めているのかサッパリです。混沌としています。定位置もない。
S1は葵が一回、佐伯が一回(3位決定戦ではS1だったから、最低2回か)そして何故か首籐が2回。謎だ。ビーチバレーでも焼肉でも真っ先に乾ドリンクで死亡者一番乗りの首藤が実は実力者なのか?
首藤がS1なのも、樹がダブルスばかりなのも確たる理由はないしなあ。たまたまで、県大会や3位決定戦とかでは普通に樹がシングルスやってるのかもしれないしなあ。
何もかもが非常に謎。混沌としています。
これは余談ですが、葵が海堂と試合したときに先に5ゲームわざと取られて自分でプレッシャーをかけていましたよね?
これはダブルスでもやっている模様。他が6-0とか6-1で楽勝しているチーム相手に葵・樹ペアだけ7-5……迷惑な奴。

○比嘉(全国大会、全2戦)
たったの2試合ですが、それでも判ることは結構あります。
・D1は2試合とも不知火&新垣
・木手(部長)は1回戦温存、2回戦S1
・甲斐(副部長)は1回戦S1、2回戦S2
・田仁志、平古場、知念はダブルスとシングルス両方やっている
部内での力関係が反映されている可能性が高いです。
部長の木手がS1固定、副部長の甲斐がS2(ただし木手温存時はS1)、不知火と新垣のペアがD1固定、残りの枠を田仁志や平古場、知念に(適当に?)振り分けるといった手順でオーダーを決めているのでしょう。


公式ファンブックテニスの王子様40.5 (ジャンプコミックス)公式ファンブックテニスの王子様40.5 (ジャンプコミックス)
(2007/12/04)
許斐 剛

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking

テーマ:テニスの王子様 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/181-197ba982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。