乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー52号 漫画個別感想

来週号は「焼きたて! ジャぱん」の橋口たかし先生の新連載。
小児科医の話だそうですが……冠編集だったらあまり長く続かないでほしいですね。
いや、嫌いなんじゃなくて、テーマがテーマだけに連載が長期化してジャぱん同様に変な方向に行ったらシャレにならないなあと……

今週の感想は
・クナイ伝
・金色のガッシュ!!
・金剛番長
・結界師
・史上最強の弟子ケンイチ
・MAJOR
・マリンハンター
・GOLDEN★AGE
・兄ふんじゃった!
・イフリート~断罪の炎人~
・魔王 JUVENILE REMIX
・絶対可憐チルドレン
・あいこら

以上の13本です。



○クナイ
とうとうクナイといづなが衝突。
いづなと衝突するときはクナイは常に大人モードなのかな。
いづなは背の違うクナイがバンパイアだとは露知らず……魔法少女モノのお約束?
しかしいづなの狩り装束は微妙……いや、はっきり言ってかっこ悪い。

○ガッシュ
3ヶ月か。長めに間を置きましたね。
魔物のみならず、友達とも別れ……こっちは会おうと思えばいつでも会えますけど。別れが今回のテーマか。
しかし金色の本にビビってるシェリーがヘタレかわいい。まあアレが魔物絶滅ならともかく通常の戦いに持ってこられたら反則もいいところですが。
最後の戦いは最初から強い術は使わず、ザケル対レイスで相殺。
同ランクの術なら互角だと、ガッシュはやや不利かもしれませんね。
ブラゴにはディオガ、バベルガ、ディボルド、そしてシンのような強烈な術がいくつもありますが、ガッシュはバオウとジオウしかその辺ありませんからね。
まあ、これでもバオウが一発使いきりの術ではなくなった事と、テオザケルやエクセレス・ザケルガ、バオウ・クロウとそこそこパワーのある術は揃ってきてるからまだいいですが。
中盤までのガッシュはホント戦いづらい術のレパートリーでしたからね。これについては後々別の場で書きます。
物理攻撃と心の力の量のあるシェリーと、アンサートーカーの清麿も含め、消化試合的な感覚はあまりないのが素敵。いや、漫画的にガッシュが勝つのは揺るがないだろうけど。

○金剛番長
番長でないものが番長を倒せば、そいつが次の番長?
行き当たりばったり的な計画ですが、番長はそうそうやられないか。
戦車でも持ち出されれば別ですが、そんなことになったら23区計画どころじゃないし(笑)
念仏で人体破壊するとか、完全に超常バトル漫画ですし。いや、先週の打舞流叛魔ーの時点でそうでしたけどね。
仏vs番長、究極の異種格闘技戦とか言ってるけどどっちも格闘技じゃねえよ。

○結界師
正守は偽デレだし、時音はキレてるし、おじいちゃんは凄く味方に思えてきた……
いや、普通に味方なんですけどねおじいさん。あのじいさんのシーンは、扇五兄弟と対比されてるのかな?

○ケンイチ
三年生、留年か!
まあ卒業後の身の振り方も決まってなさそうなので、かえってよかったんじゃないでしょうか。特に宇喜田。
しかしメインキャラは2年、3年ともに一クラスにまとまってますね。不自然なほどに。
YOMIの連中が留学生として入ってこれることとあわせて考えると、これも何か裏がある?それとも作者の都合?
しかし闇の思想云々はどうなったんだろう。

○MAJOR
なんという泥沼……
あえて逆境に放ってうまくいくどころか今後悪化しますね。
解決するまでの道筋が見えない。

○マリンハンター
ああ、偽者か。それなら納得。
グッピー、漫画とかでよくある理論を実行しようとしてする図というよりは、シャークの力を自分の力と錯覚した愚か者の図か。
ロレンチーニも含めてどう落としどころをつけてくることやら。案外グッピー的にも実は海賊はトラウマで自分なりに払拭しようという行為なのかもしれんし。でも力が伴わないところで無理しちゃダメだ。特にこの場合、シャークの足を引っ張るだけの結果になってるし。
ところで、「チーム・イカロス」はこの作品のネーミングの中では非常にマシな方だと思います。タコスネイクとかアゴシリーとかよりはよっぽど。

○ゴールデンエイジ
倉地組の策には拍子抜け。もっと卑怯な事やるかと思ってたので。
まあ彼もスポーツマンですし、みんなが注目してるところではっきりダーティーことはできないか。
むしろ丹波のプレイの方に近江がどう反応するかが見ものです。

○兄
漫画内でカウントダウンするのも新鮮です。
ある程度メタを取り込める漫画でないとできませんけど。
しかし1話の時のテルキヨは今よりリアル気味ですよね。長く連載が続くにつれ、デフォルメが進行していく漫画ってありますけどそういう現象になんて名前つけよう。

○イフリート
赤銅烈……ああ、本部昇格試験で問題外と言われた彼か。
しかし徒手格闘での殺し屋とはまた無茶な。
鍛えてるといっても普通の人間である以上熊とかには勝てないわけですし。
銃を使う相手と正面からやり合っても勝ち目は薄いでしょう。
素人の人間なら一撃で抹殺できたりするのかもしれませんが、咎人会に狙われるような人は大抵自分の身の回りには注意してるからなあ。
雑念はあるわ鉄のオブジェは意味不明だわで、咎人会関東支部のオチ担当が定位置になりました。
それはともかく、力技が通用するのは支部レベルという我楽さんの発言が気になる。
本部ではユウやニナミみたいに変な事できる奴らがゴロゴロしてるの?

○魔王
意外とすぐに接触してきたね、蜂(仮称)。
新聞部って設定があれば意外と安藤を無理矢理動かせるのな。
安藤が人を無理矢理しゃべらせる腹話術は、満智子の前ではやや使いづらい……というか、何言わせれば収拾できるか考える時間がないか。長台詞で隙を作っても副部長は逃げそうにないし。
しかし蜂(仮称)さんはグラスホッパーを見分けるのは無理なわけ?
違うと言って信じてくれるのかどうか。踏まれた人がまだ生きてるのなら彼に違うと言わせればこの場は収まるかもしれませんが。目撃者を消せとは言われてないでしょう。あんな格好で動かしておいて目撃者を消せとか言ってたら阿呆だ。

○絶対可憐チルドレン
先週書いた予想、大外れ。
指揮官は女(性的な意味で)で、不仲の原因はヤキモチと動物的序列づけにあったか。
しかし超能力ってそんなに確実に遺伝するものなんでしょうか。
そして犬神家の人はみんなああなのか。
何気に小鹿さん酷いよな。仕事頑張りたい理由が「動物好き」って。
それはそれとして、元黒い幽霊が二人してオタク化かよ。そしてネットで意気投合ってどれだけ世界狭いんだよ。というか超能力を失ったからって好き勝手にネットさせるのは危険なんじゃないかな……ここまで書いて、この二人がネット上で接触したのがバベルの筋書きなんじゃないかとかいう疑惑がふつふつと。

○あいこら
恋愛とフェチは別物、というのはやはり無理なのか?
というのが一つ、もう一つは天幕拒絶か。
ハチベエのフェチは別に隠してないどころか天幕とのデートで等身大ポップ持ち帰るのを最終的に認めるような感じではなかったかな?
眼に関するトラウマとの合わせ技一本というところかな?
そういえばあやめの腰に引っ張られたり、胸型チョコ作ろうとしたりはあるけど、眼に関しては天幕にしろ他の人にしろ、あまりこだわった事やってないですねハチベエ。
そういう意味では天幕にとってハチベエのパーツ愛ぶりは一種他人事だったのかもしれませんね。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/171-f4cbb6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー52号

・絶対可憐チルドレン  ハウンドの主任、子鹿圭子が嫌われていた理由は――ヤキモチ。てっきり自然とは相容れない匂いの香水でも使っているのかと思った。局長もよく考えて人事していただきたい。こういう組織の戦闘力は人事だけで無茶苦茶変動するから。パンドラが脅威...

  • 2007/11/29(木) 22:39:34 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。