乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともだちの背後事情がわからないのは気持ち悪いですね~

今週のハヤテですが、パロディネタが最後まで引っ張られ続ける上に、次回まで尾を引きそうな展開になっています。
まあ異常といえば異常です。
ハヤテのパロディは基本一瞬限りで尾を引きませんし、ストーリーの本筋を左右したりもしない。
とはいえ今回のともだちにパレットさんグレパンさんのように違和感を感じるかというとそうでもなかったりする。
これは私が20世紀少年を知らないから違和感を感じることができなかったで片付けてしまってもいいような気がします(wikipediaとかで後々調べたりはしました。いまだに友○党の穴に入る文字が分からなかったりはしますが)が、あえて別方面からも考えてみようかな、と。
つまり136話のダイの剣がダイの剣でなくても話に支障がないのと同様、パロディが入らなくても覆面なりモザイクなりが入る予定だった言説。

まずは作者側の覆面が必要な理由から。
ストーリーに支障をきたしてまでパロネタを入れているというよりも、むしろ本来の流れに沿うために無茶をやる必要があって、そこにパロネタを混ぜちゃったから話の筋が修正されるまではともだち覆面も解除できないのかな?
本来の流れというのはもともと企画書の設定的には全員高校二年生で設定していたのですが(バックステージVol.153より)あたりの話。
はじめて二年生として登校したときに起こすはずのイベントが学校内に知り合いが多すぎて起こせないから力技で認識不能にしたとか。


というわけで今回のハヤテ、ナギ以外のキャラの動向を追っていくと、変なところが多いんですよね。

まずは桂先生。
「そんなに知りたいなら、教えてあげましょうか?」と言って名簿を見せたのに、いくつかの書き込み以外全く特定できない→全然教えてない。
・ナギとハヤテの「うおぃ!!」に驚いてる→ツッコミが来ると想定してない?
・先生は名簿に特別不満があるようには思えない。いくら桂先生だってアレでは不満を抱きそうだ。もしあの名簿に不満があった場合、ナギやハヤテの追及受けた際に「文句言いたいのは私の方」とか逆ギレしそう。逆に不満がないならもっとかっこよく受け流しそうではある(「どうせ教室行けば分かるのよ」とか)。

でもって東宮康太郎。
・自分もともだちの覆面をしていたにも関わらず、クラスメートをアレ呼ばわり。
自分がしていたんなら、あの覆面を被ることになった経緯も理解できるはず。なのでアレを不気味がること自体おかしい。

他のクラスメートについても
・名簿上で、ハヤテとナギ以外の全生徒の写真がコピー(体格がそこまで一致するか?)

いくら何でも筋がおかしすぎる。
パロディ一つのためにここまで無茶苦茶にするかなあ、ここまで滅茶苦茶だと今までのハヤテのごとくとはちょっと路線が違いすぎる。
ネギま名簿ネタと20世紀少年ネタ、二つ投入させてここまで破綻させる必要はないというか、この筋のおかしさともだちネタがあまり結びついてないんですよね。
パロディネタを投入したゆえのおかしさではないんです。
東宮=カツマタ君まで20世紀少年ネタが続いていますけども、その後ぱったりと止んでますし。
(実はここが一番自信ない。掴めていないネタがあるかもしれないし、、20世紀少年の作品の空気というべきものは理解できていないから)

さらに、根が真面目なヒナギクや伊澄、妙に冷めている部分があるワタルが(彼らが本当にクラスメイトだったとして)あの覆面をかぶっている理由も何を提示されても納得できそうにない。
そういう時は逆に考えるんだ。誰も覆面なんか被っていないんだよ!
基本は本感想でチラっと言った「牧村先生の不思議な名簿」。
つまり名簿を見ても、一緒に教室に入ったぐらいクラスメートであることを確信する物証がないと顔を認識できない。
実際に見ても中肉中背で制服を普通に着こなした生徒にしか見えない。せいぜい男女が分かる程度。
自分以外は全て覆面を被っているように見える一方で、自分の顔がともだちに見えていることは分からない。そういった状況下でみな萎縮しているから大人しく机についている。
ちなみに東宮が自己紹介するときに覆面とっているコマがありますが、これもハヤテから見たイメージ映像。東宮本人は覆面など初めからしていませんし、とるようなアクションもしていません。自己紹介を済ますと覆面を取ったように見え、顔が普通に見えるようになるわけです。
こんなシステムが稼動する理由は、生徒が昨年度までの知り合いで群れるのを避け、新しい人間関係を構築する力を養うため。
ちなみにこれは生徒にだけ適用され、教職員には普通に見えます。教師から見てもアレだったら業務に差支えがありますからね。桂先生がハヤテとナギのツッコミに押され気味だったのも、先生から見ると普通の名簿(+いくつかの書き込み)にしか見えないために異常性を認識できなかっためです。「もっとこう、魔法先生みたいな~」のくだりはネギまと比べると書き込みが足りない、と認識したと考えればつじつまは合う……かな。
……仮定に仮定を重ねすぎてるかなー。ここまでやっちゃうと夢オチと大差ないか?


そろそろテメーも赤く染めてやろーか?

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/127-9957ff07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。