乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2013年1号漫画感想

やったね! まだ2012年なのに2013年のジャンプの感想書いてる!
私って超早い!
……なんて自虐はこの辺にしておいて。

この号の感想は
・暗殺教室
・ONE PIECE
・HUNTER×HUNTER クラピカ追憶編(前後編読切)
・黒子のバスケ
・めだかボックス
の5本です。


○暗殺教室
あらら、殺せんせーの改良は元通りですか。
しかし、協調能力は不可欠と判断。
実はこれは改造される以前から認識していたんですよね。
そういう意味では改造技術ではなく諭した殺せんせーの先生としての面目躍如、ですね。

○ワンピース
The 下剋上。
心臓を取り戻し、ヴェルゴを一刀両断しました。
2年前の時点では七武海の中でなんとなく目立ちながらも、あちこちで影だけ見せてきたドフラミンゴが、今では自ら戦いに出そうな気配すらします。
思い返してみればクロコダイルとモリアは撃破、くまはあの素性で今は沈黙、ジンベエは離反、ハンコックもルフィになびいててで、あと明確に対決する七武海はドフラミンゴとミホークしかいないのですね。
……もちろん、七武海の面子には新顔も入ってるんでしょうが(ローが今七武海の一員だし)
新顔の七武海とか出ても、麦わらからするともはや同格もしくはそれ以下でしかないですよね。

○HUNTER×HUNTER クラピカ追憶編
クラピカの過去編……本編のクラピカとは思いっきりキャラ違いますね。
……一族皆殺しなんて目に遭えばキャラの一つや二つ変わって当然ではありますが。
そして言葉遣いは共通語を独学した際の癖によるものだった、と。
内心であの口調だったことないですからね。
そして元来の目的は医者か……会場につく前の魔獣の試験でケガ人放ってきたレオリオ(の偽物)ぶっ飛ばしたのも納得。
つくづく作り込まれてるなあ。

○黒子のバスケ
火神無双モード入りましたー。
しかし終盤入ってからならともかく、後半始まったばかりでの無双モードはどちらかといえば嫌な展開です。露骨にフラグ張ってるし。それ以前に黄瀬が戻ってくること分かりきってるし。

○めだかボックス
寿常套のスタイルはコミュニケーションをとれない年齢まで若返れば共鳴しなくなる=若返らなくなる。
……うん、それはいいんだけど、赤ん坊にまで若返った人吉達四人、明らかにコミュニケーションとってますよね!
赤ん坊の言ってることは分からないけど、赤ん坊の方は寿常套の言葉は把握できてるし、赤ん坊同士でコミュニケーションはとれている。
……うん、これは漫画的な表現だとは思ってるけど、唯一『みんな通風孔の逆を見た』ことに関してはなあ。
そしてめだかの出し惜しみ……初めから真っ当に学ぶ気はなかったんですね。
鶴喰梟は確かに動きが不気味すぎるし、教えてと頼んで押してくれそうな気はしないのでそこは納得ですが。
というか鴎はスタイルの他にアブノーマルとマイナスも持ってたのね。
今後公開される日は来るんだろうか。安心院さんに貸し出されたものという可能性もありますが。というか鴨目に関してはスタイルの方も詳細謎ですよね。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/1091-bbf295fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。