乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2012年45号漫画感想

今週の感想は
・ONE PIECE
・ニセコイ
・暗殺教室
・めだかボックス
・黒子のバスケ
・BLEACH
の6本です。


○ワンピース
モネが思わぬ難敵。
雪を操るようなロギアですかね?
となると羽はシーザーの研究でつけたものか。
悪魔の実+素で飛べるとか結構ずるい。
いや六式月歩とか身につければ悪魔の実もなくても空中を歩くぐらいできるんですけどね。
今のルフィがそれを身につけているとは思えない……というのは読者の感想であって、モネが月歩や同様の体術の想定をしないのは詰めが甘いとしか言いようがない。
一方で暴走した子供たちを止め切るのはチョッパーやロビン達ではきつく、ローは心臓のせいもありヴェルゴに対して非常に劣勢……ここでスモーカーがきますが、勝てるかどうかは微妙なところではありますね。
戦力としてはそれほど厳しい状況じゃないのに旗色悪いなあ。

○ニセコイ
寝てたって!
いや寝てたってお前!
好きな人と二人っきりでそれはないんじゃない?
……いやこれが一条→千刺を表す……千刺の前だと逆に緊張してますしねえ。

○暗殺教室
なるほど、こうまで露骨にやるか、理事長。
結果として全員50位以内はうまく行きませんでしたが、それでも殺せんせーの結果は出ています。
これでEクラスが中間くらいにゴロゴロしていると他のクラスの人は自信なくすんじゃないかと。
理事長笑ってる状態じゃないですよこれ。

○めだかボックス
王土のみならず、十三組の十三人登場。
こいつらに勝たせるのが一番大変だった、か。
その次が過負荷でさらにその次が安心院さんだったからなあ。
どんどんトリッキーな相手になってきて、その分勝つのは実は楽になっているのかもしれません。
めだかちゃん自身の変化も含めてね。
しかし、その十三人(6人ですが)でも時間稼ぐのが精いっぱい。
……そしてここで不知火半纏が動くか!
しかも反転院って……安心院さんのバックアップだったわけですねこれ。

○黒子のバスケ
誠凛は奇跡の新星……準決勝まで残った4行のうち、表立ってキセキの世代と呼ばれるメンバーがいない誠凛に奇跡という形容がつくのは皮肉ですかね。
海常は青の精鋭……洛山はともかく秀徳よりも格下の形容に思えるのですが作中でもそういう扱い?
それともぶつかった2校同士で比較したり韻を踏むような言葉で揃えてるんでしょうか。
試合は、「時間制限のある完全無欠の模倣は終盤に使ってくるだろうからそれまでに大差をつけよう」と誰もが思う対策したらいきなり使ってきたでござる。
ここで出鼻くじかれると誠凛としては痛いです。

○ブリーチ
ほうら言わんこっちゃない。
……しかも卍解を奪う条件まで誤認していたか。
総隊長の株下がりすぎでしょう……


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/1075-27cbdb02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【週刊少年ジャンプ 20】

今週の感想は・ONE PIECE・ニセコイ・暗殺教室・めだかボックス・黒子のバスケ・BLEACHの6本です。

  • 2012/11/05(月) 04:30:25 |
  • まっとめBLOG速報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。