乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新テニスの王子様「Golden age 88 裏切りの真相」「Golden age 89 ブン太頑張る!!」感想

今月はまた2話に戻りました。

君島は遠野篤京とのダブルスを解消したいと思っていたらしく、遠野の左膝に致命的な古傷があることを木手に伝えます。
報酬は木手をダブルスパートナーに推薦すること。
……こんな後ろ暗いことでパートナーになってもいつか木手は切られるような気がしてなりませんがね。
そしてパートナーを裏切ったふりをする……と。
いやそれ油断とかそれ以前の問題として何をやってるのか分かんねえ状態になりそうですが。
……それはそれで隙だらけだからいいのか。
海賊の角笛でさらにブン太を痛めつける木手。
もう比嘉中のメンバー木手以外呼ぶ必要なかったんじゃない?

なんというかもうブン太が不憫な状態ですが、ここにきてそのブン太が新技を披露。
ワンダーキャッスル。その内実はボレーでの守備……
うん。地味だね。
地味ですがGenius10相手に全打球をボレーで返しボールを後ろへやらないということは鉄壁と称してもおかしくない守備でしょう。
まあ高いロブとか上げておけば抜かれてしまうのですが、でもそういう高い球はある意味では後衛にとってのチャンスボールです。
まあ今回の後衛裏切ってるんですけどね!
そして裏切りの木手が「隙が出来ましたねアナタ――」とか言って狙うわけですよ。
君島を。
ブン太でも遠野でもなく君島か。
つまりこれは交渉決裂。
ブン太のワンダーキャッスルを見てまともに勝つ方に路線変更した結果ですか。
「強い方につくのがモットー」でしたからね。
……だが、本当にこれで勝てるのか。
少なくとも君島は、今までは相手に勝つためのテニスしてないんだぞ。



FC2 Blog Ranking

テーマ:テニスの王子様 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/1071-e55c000c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。