乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第374話「ヒャッハー! 汚物は消毒だ~っ!!」感想

元ネタは皆さんご存知の「北斗の拳」のモヒカン火炎放射器ですね。

北斗の拳全15巻セット (集英社文庫―コミック版)北斗の拳全15巻セット (集英社文庫―コミック版)
(2009/11/01)
原 哲夫、武論尊 他

商品詳細を見る


多分文庫版では6巻前後に収録されているであろう台詞です(←ちゃんと調べろよ)





豆知識。
生徒が長期休暇の間でも、教師は仕事しているのです。
……素人でも思いつくのは講習受けたり補習やったり部活診たりあたりか。
しかし白皇は色々な意味で普通の学校とは違うフィクション分たっぷりの学校。
雪路が部活など見ていなくとも不思議はない。
そういえば動画研究部の顧問でしたっけ?
あの部活なら部室の鍵を部員に渡してほったらかしとかやっていそうです。バレたら処分されますが。
今宿直室で生活している雪路ですが、その宿直室を汚部屋にしてしまっているのを理事長代理ことキリカ先パイに見咎められ、家賃4万円を徴収される羽目に。
払えなければ出ていけというか、給料から天引きにすればいいじゃんとか思わなくもないですが、キリカさんが雪路に宿直室を生活の場として提供しているのは、あくまで好意によって非公式にやっていることなので給料から天引きにするわけにもいかないのでしょう。
白皇の教師がお金ないはずないんですけどね。
酒はともかく、普段の食事は節約とはいかないまでも贅沢してる風でもないんですけどね。
服とか化粧とかアクセサリーとかかなあ。
その辺はよく考えずにバンバン買っていくとお金がいくらあっても足りないし。
酒ばかりが話題に上りますが、実は衣料の方が酒よりお金使ってたりすることも十分考えられます。
テレビや雑誌のステマ流行なんかにも動かされやすそうですしね。

さてそんな雪路の部屋を片付けて家賃4万を撤回してもらおう作戦のためにハヤテが動員されるわけですが、そこで見つけたのが昔の雪路の写真。
美少女です。かわいいです。その上あざといです。
容姿そのものよりも水着にメガネでそのポーズと表情というのが雪路らしくないです。
確かに雪路自身が可愛いと言っても決して言い過ぎでも自意識過剰でもないのですが、でも現在の雪路を知る者には現実が襲いかかってくるのです……薫先生ってすごいな。
まあハヤテみたいに「X年前」と「現在」だけを端的に見せられるからこういう反応になるのであって、(X+α)年の間連続的に雪路を見てる薫先生はこういう風にはならんのかもしれません。どっちを先に知ったかというのも関係あるかも。
その辺のことに言及したハヤテにヒナギクが必死です。
ちなみに女の子への幻想を捨てるとどうなるんでしょう?
捨ててしまっても実際に話したり遊んだりしてる時の楽しさとか、一人でいる時の寂しさとかコミュニケーション欲であるとか、あるいは性欲であるとかそういうものまで一緒に捨てられるわけじゃないですからね。
三次元から離れて二次元にいっちゃう私のような人は幻想を捨てたから三次元から離れたと解釈すべきなのか、幻想を捨てられないから二次元にハマったというべきなのか。

ところで今回からまた少し絵柄が変わりましたね。
扉絵のナギの頭身……はシチュエーションでも変わるからあまり基準にしないとして、瞳のハイライトの描き方の変化が目立ちますね。
慣れるまでは違和感が付きまとうかも……


ハヤテのごとく!  32 (少年サンデーコミックス)ハヤテのごとく! 32 (少年サンデーコミックス)
(2012/05/18)
畑 健二郎

商品詳細を見る



タカヒナの日常境界線
ヒナギク様に恋してるっ!!
星屑の流星群

FC2 Blog Ranking

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/1056-d56b596b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく!第374話「ヒャッハー!汚物は消毒だ~っ!!」感想

白皇学院の「自称」美しき女教師である桂雪路、 彼女は白皇の教師であるのだがズボラでグータラ、 実の妹であるヒナギクはもちろん、 色々な人からお金借りたりでもうダメ教師の良...

  • 2012/08/24(金) 07:42:20 |
  • 星屑の流星群

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。