乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直、自分は読み込みが足りてないと思った

今日はハヤテの2巻を読み返していたんですよ。
ハヤテのごとく! 2 (2) ハヤテのごとく! 2 (2)
畑 健二郎 (2005/06/16)
小学館
この商品の詳細を見る


そうしたらですね、8話でナギが、
ほら!! 早く行かないとハヤテのことだ!!
よくわからない内に無数の剣で串刺しにされかねないぞ!!

なんて言ってるんですよ。
私の中で無数の剣で串刺しといえばエミヤこと赤アーチャー(串刺し立ち絵なんて用意されてるしなあ)なわけですが、それはおいておいて。
このセリフの意味するところは、
この時点でナギはハヤテの不幸ぶりを既に認識しているんです。
127話の感想ハヤテの不幸は、ナギにも認定されてたんですねなんて書いてた私、思いっきりアホじゃないですか。

ハヤテに関して、読み込み不足を痛感。
色々なところに色々な情報が仕込まれている漫画なので、もっとちゃんと読み返してないと。

こんな私ですが、よろしくおねがいします!
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。